ノエル・ギャラガー「暴動が起きたのはテレビとビデオ・ゲームのせい」

ツイート
ノエル・ギャラガーが先週、英国各地で起きた暴動について意見を述べた。ノエルは、テレビやゲームによって暴力に慣れてしまっていることも問題であり、警察や政府はこの事態に厳しく臨むべきだと考えている。

Bang Showbizによると、彼はこう話したという。「暴動起こすあいつらのエネルギー、どこから来てるのか理解できない。俺たちは暴力の時代に生きている。ほかの連中がなんて言おうが関係ない。残忍なテレビやビデオ・ゲームもこの無意味な暴力の原因だ。みんな、暴力に対して免疫がある。慣れているんだ。それに捕まったとしても、正しい方法で罰せられるわけじゃない。刑務所はもういっぱいだって?だったら新しいの建てろよ!」

「クレイジーだ。これはただ、暴力のための暴力だ。暴動に加わった奴らは貧乏なわけじゃない。携帯電話やらなんやら持ったガキどもだろ。警察と政府は思い切った手段を講じるべきだ」

「あのバカどもは、自分らのコミュニティを破壊したんだ。6週間後、何もかも忘れられたとき、あいつらはバカを見る。家は壊れたまんまだってことを自覚する。連中はなにかを要求してるんじゃない。目的があるわけじゃないんだ。自分らのものを自分らで破壊しているだけだ。どんだけバカなんだ?」

暴動が落ち着き、警察は監視カメラやメディアに掲載された写真をもとに暴動に加わった者たちを続々と逮捕/起訴している。キャメロン首相は木曜日(8月11日)、臨時召集された国会で「この国でこんなことが起きるのは許さない」「我々は必ず(暴動に加わった者を)追跡し、見つけ、逮捕し罰する。自らのやったことに報いてもらう」との強い声明を発表した。

Ako Suzuki, London

◆BARKS洋楽チャンネル
この記事をツイート

この記事の関連情報