忌野清志郎<ナニワ・サリバン・ショー>が、映画に

ツイート
2001年、2004年、2006年と3度にわたり大阪城ホールで行なわれた忌野清志郎の伝説のライブ<ナニワ・サリバン・ショー>が、忌野清志郎生誕60周年を記念し、新たなミュージック映画として登場するという。その名も映画『忌野清志郎 ナニワ・サリバン・ショー~感度サイコー!!!~』だ。

◆忌野清志郎画像

11月26日に公開予定というこの映画、現時点では、監督・脚本・撮影・出演もろもろが「大阪、音楽、そして忌野清志郎を愛するものたち」という、謎のクレジットとなっている。

そもそも<ナニワ・サリバン・ショー>とは、清志郎と愉快な仲間たちによる一夜限りの夢の饗宴として開催されたライブだ。FM802の主催により2001年に開催し好評を得た<ナニワ・サリバン・ショー>は、その後、2004年に<続 ナニワ・サリバン・ショー>、そして2006年に<新 ナニワ・サリバン・ショー>として、いずれも大阪城ホールで開催された。忌野清志郎をホスト役に、浅井健一、北川悠仁(ゆず)、宮藤官九郎、斉藤和義、坂本冬美(HIS)、竹中直人、Chara、トータス松本、仲井戸麗市、中村獅童、間寛平、ハナレグミ、BEGIN、藤井フミヤ、細野晴臣(HIS)、布袋寅泰、矢野顕子、山下久美子など30組にのぼるアーティストたちが計3回の<ナニワ・サリバン・ショー>に登場、夢の舞台を彩っていた。

しかしこの<ナニワ・サリバン・ショー>、忌野清志郎を記録した数ある映像集の中でも、これまで一度もDVD化・音源化されたことがなかった。ここに焦点を当て、今回、映画製作をすることになった背景には、「もう一度、キヨシローに会いたいぜ。キヨシローの歌う姿を見たいぜ。できればおふざけしてる姿なんかも…」という想いがあるという。その想いを受けたこのプロジェクトは、目下のところ全貌は謎に包まれているが、撮影は進行中だとか。忌野清志郎を慕うあまたの人々で構成されたキャストと、<ナニワ・サリバン・ショー>の5.1chサラウンドで構成されたライブ映像が有機的に組み合わさった、世にもユニークな音楽映画になるとのこと。

『忌野清志郎 ナニワ・サリバン・ショー~感度サイコー!!!~』の撮影に参加する出演陣は以下の通り。石田長生、内田勘太郎、木村充揮、宮藤官九郎、斉藤和義、清水ミチコ、竹中直人、Chara、トータス松本、仲井戸麗市、中村獅童、間寛平、間慎太郎、ハナレグミ、藤井裕、松たか子、矢野顕子、山崎まさよし、ゆず、Leyona。わくわくするようなメンツで、出来上がりが楽しみだ。

『忌野清志郎 ナニワ・サリバン・ショー~感度サイコー!!!~』
監督・脚本・撮影・出演もろもろ:大阪、音楽、そして忌野清志郎を愛するものたち
2011年/日本/上映時間:未定/カラー
企画:FM802+キノフィルムズ
製作:キノフィルムズ
配給:ティ・ジョイ+キノフィルムズ
配給協力:プレシディオ
www.nanisari.jp
(C)2011「忌野清志郎 ナニワ・サリバン・ショー ~感度サイコー!!!~」製作委員会
11月26日(土)、新宿バルト9、梅田ブルク7ほか全国ロードショウ

◆BARKS 映画チャンネル
この記事をツイート

この記事の関連情報