カミナリグモ、ツアー・ファイナルで11月発売アルバムからの新曲を披露

twitterツイート
8月19日(金)、下北沢CLUB Queでカミナリグモがライヴを敢行した。6月にはthe pillowsの山中さわおと、LOVE LOVE LOVE、シュリスペイロフら若手バンドの競演ツアー<SAWAO VS. YOUNGSTER>で全国を回り、7月からはミニ・アルバム『SCRAP SHORT SUMMER』のツアーを展開していたカミナリグモにとって、この日はツアー・ファイナルとなるワンマン・ライヴだった。

◆カミナリグモ、ツアー・ファイナルで11月発売アルバムからの新曲を披露~拡大画像~

ライヴは、東京公演はいつも悪天候であることをやや自嘲気味に触れつつ、ミニ・アルバム収録曲「白い雨」で幕を開けた。“あたらしい僕になるんだ 決めたんだ”というフレーズが今の彼らの気分を代弁している。ボーカル&ギターの上野啓示はどこか風格さえ漂い、リリースやツアーを重ねたことで自信にあふれているようだ。

冒頭のMCで「ノスタルジックな夏の終わりのいい夜にしたい」とひとこと。シングルの予定で企画された『SCRAP SHORT SUMMER』がミニ・アルバムになったいきさつを語り、それゆえバンドではない編成で収録された楽曲も、ライヴでは印象の違うバンド・バージョンのアレンジで届けることで、曲の普遍性とライヴ・バンドとしての成長を同時に示した。

ツアーで北海道や東北を回ったエピソードとともに、ファイナルを迎えた解放感に満ちたパフォーマンスを披露。成瀬篤志[ghoma](key、cho)は他のアーティストのサポートも重なった多忙な日々を語るが、カミナリグモで演奏できることが何より楽しい様子で、実にカラフルなフレーズで楽曲に彩りを添える。リズム隊はお馴染みthe pillowsのサポートを務める鈴木淳(b)、元くるりの森信行(ds)のふたり。サウンドのコンビネーションもMCの絡みもバッチリだ。

終盤のMCでは「売上枚数とかライヴ会場の大きさとか、バンドは目標を言いがちだけど、僕は大げさなことを言うのが嫌いで…」と語り出した上野。6月のツアーで、他のバンドを観に来たファンを確実につかんだ手応えがあったと言う。「自分たちの音楽は聴いてもらう機会さえあれば気に入ってもらえる自信はあったけど、それが実感できたことがとても嬉しかった」と告白。売上枚数や大きな会場という尺度ではなく、自分たちの曲を届けることさえできれば、まだまだたくさんの人と出会えるという確信が、彼らの将来を明るくしているに違いない。

今年20周年を迎えたnoodlesとの対バン・ライヴが9月29日(木)に同会場で開催されることも決定。すでに懇意ながら初めてとなる共演も楽しみだ。11月には2ndアルバムがリリースされることを発表し、アンコールではいち早く新曲「ブラインド・フォトグラファー」を披露。さらに深みの増した独特の切ない歌世界は秀逸で、アルバムへの期待度を高めてくれた。

鳴りやまない拍手に促されて二度目のアンコール。「曲が増えてきたのでダブル・アンコールにも応えられるようになりました」と「ゆらゆら魔法が溶けただけ」で締めくくった。全22曲の珠玉の楽曲に酔い、“夏の終わりのいい夜”を満喫させてもらった。

ニューアルバム『SMASH THIS WORLD!』
KIZC137~138 ¥2,800(tax in)
11月2日(水)リリース
現実を受け入れた上で前進する、前作から頑ななまでに変わらないバンドの姿勢と、進化した異彩なオルタナティブ・ロックサウンドを打ち出した名盤が完成。
【Guest Producer】
山中さわお(the pillows)
【Guest Musicians】
鈴木 淳(fragments)
森 信行(ex.くるり)
佐藤シンイチロウ(the pillows)
クハラカズユキ(The Birthday、うつみようこ&YOKOLOCOBAND、M.J.Q、qyb)
【DVD付き】
「SCRAP SHORT SUMMER」Music Video、他。

◆カミナリグモ オフィシャルサイト
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報