マイケル・ジャクソン、ファンクラブがトリビュート・コンサートの中止を要求

ツイート

このほど世界各国にいるMICHAEL JACKSONのファンクラブのメンバーたちが結束し、10/8に英国ウェールズで開催される予定のトリビュート・コンサートのキャンセルを求める書状をイベント組織に送りつけたもようだ。

これはロイター通信が伝えたもので、35人のファンクラブ・メンバーたちはCHRISTINA AGUILERA、SMOKEY ROBINSON、CEE LO GREEN、そして衛星中継でパフォーマンスを披露するBEYONCEなど、豪華アーティストを迎えて開催されるこのコンサートについて、“失敗に終わる運命にある”として反対の意向を示しているという。

このトリビュート・イベントは、2009年6月25日にL.A.で50歳という若さで他界したJACKSONの死の責任をめぐり、主治医だったCONRAD MURRAY医師に対する過失致死罪を問う裁判が行われる真っ最中に開催される。

「MURRAY医師に対する裁判の最中に開催されるということはもちろん、チケットの価格、チャリティによる寄付金がどの団体へ贈られるのか定かでないこと、パフォーマーたちがノーギャラで出演するという方針、さらにはKISSのGENE SIMMONSの発言など、様々な要因がMICHAELのレガシーを損なうものだ」として、ファンたちはFacebookに“FANS AGAINST MICHAEL FOREVER TRIBUTE”として投稿を寄せた。

コンサートを組織するGLOBAL LIVE EVENTSは、周囲からの批判もあって、いったんはブッキングしていたKISSを参加リストから外した。ベーシストのGENE SIMMONSは昨年、雑誌『CLASSIC ROCK』のインタビューの中で、2005年にカリフォルニアでJACKSONが子供への性的虐待容疑で起訴された件に触れ、「俺が思うに、MICHAELは間違いなく子供たちに性的虐待を働いていたはずだ。間違いないよ」とコメントしていた。

会場となるウェールズのスタジアムは75,000人を収容する施設だが、運営側はすでに何枚のチケットを販売されたのか、あるいは何枚ほどがまだ入試可能な状態なのかなど詳細を明らかにしていない。ちなみにチケット価格については55~240ポンド(約90~360ドル)の範囲内に設定されている。またコンサートの模様は、有料チャンネルで全世界に放送される予定となっている。

◆ニュース提供:ビルボード
◆BARKSビルボード・デイリーニュース・チャンネル
この記事をツイート

この記事の関連情報