2011年BMIアーバン・アウォーズ開催

ツイート

アカデミー賞のかつての本拠地だったハリウッドのグランド・パンテージス・シアターがBMIの恒例のアーバン・アウォーズの舞台だった(8月26日)。観光客や見物人が歩道から叫びを上げる中、アーティスト、ソングライター、プロデューサー、業界の重役が3時間のレッド・カーペットを行なった。シアターのアールデコ調のロビーにはバーや食べ物のテーブルがしつらえられ、外の湿度からの休息所となっていた。そこでは、EMIミュージック・パブリッシングの北米支局長であるJON PLATT、モータウンとユニバーサル・ミュージック・パブリッシング・グループの重役であるETHIOPIA HABTEMARIAM、UMPGの重役、TOM STURGES、アイランド・デフ・ジャムのMAX GOUSSEなどの姿が見受けられた。

みんなを終始立ち上がらせていた音楽トリビュートに続き、DR.DREが長年の友人であるSNOOP DOGGにオマージュを捧げた。「この男には大きな愛情を感じている。彼がいたからこそ今日の私がいる。彼のおかげでスタジオに入って音楽を作る気になるんだ」とDREは語った。SNOOPはBMIのアイコン・アウォードをもらってDR.DREと元DEATH ROWのヘッドであるSUGE KNIGHTに感謝のスピーチをした。「オレたちがDEATH ROWを作り、あのサウンドを作ったんだ。それを奪うことはできない。二人に感謝したい。当時ロング・ビーチから来たヤツは誰もラップしていなかったからな。だけど、オレはこれをさらに20年以上続けられるよ。まだ終わっちゃいないんだ」と述べ、DRAKEを「バッド・マザーファッカー」と呼び、音楽を作り続けようと会場の人々を励ました。最後には遅れているアルバム『DETOX』について「DR.DREはついに『DETOX』を進めている。みんなもうそんなに長いこと待たなくていいだろう」と語った。

ソングライター・オブ・ザ・イヤーを獲得したDRAKEは自分のアルバム『TAKE CARE』が8割方完成したと述べた。「これまでこんなに長い間いたことがないってくらい長い時間をトロントで過ごした。素晴らしかったよ。アルバムは僕の過去と現在の人生を正直に反映したものになっている。中に『去年はそれに対して無感覚になっていたって気がするけど、今はこれまでにないほど感じているんだ』って歌詞があるんだけど、それがこのアルバムを集約しているんじゃないかな」

WILLOW SMITHのヒット曲「WHIP MY HAIR」のプロデューサー、JUUKEBOXは、彼女のデビュー・アルバムのために8曲を仕上げたといい「人々は彼女がまだ子供で、子供の生活を送らなきゃならないってことを忘れちゃいけないよ。彼女はJUSTIN BIEBERとツアーし、2,3週間前にスタジオに戻ったばかりだ。アルバムは年末に出るんじゃないかな」と述べた。

セレモニーでBMI重役のCATHERINE BREWTONは今年27人のソングライターが初めての受賞者だったと述べた。「つまり、潮流が変わっているということです」。

1STシングル「INVISIBLE」を出したSKYLAR GREYはアルバムが1月に延期されたことに「今はいろんな違うことが起こっているという意味だから、ポジティブなことだと思う」と述べた。彼女のアルバムはヒップホップやロックなどさまざまな要素を盛り込んだ多様性のあるサウンドになっているという。MARILYN MANSONがフィーチャーされた「CAN’T HAUNT ME」も含まれているようだ。

◆ニュース提供:ビルボード
◆BARKSビルボード・デイリーニュース・チャンネル
この記事をツイート

この記事の関連情報