【連載】JOYZコラム[AtoZ JOY]Vol.5「JOYZの美味しいTOKYO EAST SIDE STORY」

ツイート

東トーキョーの入谷にある素敵なiriya plus cafe のお話。

最近JOYZのHOSSIEがまずはじめに出会った。

『KEYOSSIEさん 超素敵な歩くJOYみたいな人に出会いました、早速会いに行きましょう』

とHOSSIEに連行され、東トーキョー入谷駅に。

とっても素敵な佇まいのcafeとオーナーはミラクルガール今村ナオミさんがそこにはいた。

彼女の合言葉は何をするにも『ワクワク感』ただそれだけ。

『ねえ きよっしー、この企画わくわくしない?』

『なおみさん 超ワクワクするね!!』

会って30分ぐらいで僕らの会話は終始この連続でALL OK。

入谷駅から徒歩2分ぐらいの古民家をリノベーションしたcafe。
彼女はその建物が好きでとりあえず借りたとのこと。

『前を通った時、何かここでしたいなあって。建物が呼んでたの』

はじまりは、自分で内装も、床も磨き、彼女のフリースペース&アトリエとして。
そして、一切の飲食経験のないまま、N.Y在住時代の趣味のカフェ巡りがこうじて
2008年5月に情熱でオープン。コーヒーの入れ方からまずスタート。思い立ったらやらないと気がすまない性格。
2011年、現在、オープンから3年。今では週末予約でいっぱいの隠れた名店に変身する。

オーナーはワクワクの直感を信じてまっすぐ進む。
発想と行動がほぼ同時でそのスピード感はアスリート並み
シンプルで純粋でいつもキラキラしておしゃれで素敵な女性。

スタッフ曰く『ナオミさんはお腹が空いたらお店に来てご飯食べてニコニコしてるだけなんです、忙しくて猫の手もかりたいのに、、』
そんなスタッフ陣はユーモアとビューティーを兼ね揃えたこれまた素敵な女性達オンリー。みんなナオミさんが大好き。
そんなオーナー曰く面接に来た人を順番に雇っただけとのこと。有能なスタッフって勝手に集まるものなのかなあと不思議に思う。
料理はすべて化学調味料無添加の手作り、コーヒーは挽きたてハンドドリップ。
自家製天然酵母パンや野菜たっぷりの生パスタやパンケーキがすごく美味しい。

女性の自立、女性の雇用、フェミニズムを信じるオーナー今村ナオミさん。
そんな彼女だからこそ素敵な働く女性スタッフが集まるのだろう。
彼女の本職は編集のお仕事。すばらしい雑誌をたくさん作っている。
そして面白い仲間もたくさんいる。お話を聞くだけで面白い。
N.Y在住時はN沢N子さんとルームメートだったり、大学教授からミュージシャン、ヘアーデザイナー、フォトグラファー
ジャンルレスの仲間達。そんな彼女のキャラクターが枠を取っ払ってたくさんの素敵を自然に集めるのだろう。

彼女はいつもワクワクしている。

印象的だった今村ナオミさんの言葉
『このカフェを100年続くカフェにしたいの、そしてスタッフのみんなは私にとって宝石みたいな存在』

iriya plus cafeの彼女達が作る空間は映画のワンシーンみたい。
仲よく喧嘩もできるし、いつも笑顔のナイスファミリー。
びっくりしたのは宣伝は基本クチコミだけ。勝手に人と人が繋がるコミニティーみたいなcafe。
理想的な空間。人が人を引き寄せるただそれだけ。
オアシスに集まるかのように、下町のおばあちゃんから、遠方からはcafe好きのお客さんまで。
ものすごいワクワクしてるオーナーとスタッフとおいしい料理と素敵な空間と音楽。

今僕らに必要なのは本物の絆とか愛とかやさしさとかリラックス、そして喜び。
コンビニエンスなコピーものではなく、オンリーワンの恋人みたいな純度の高い宝石。
それはきっとワクワクしてるところにあるのだろう。

僕らはひとつのパーティーを企画した
2011年10月29日土曜日。
JOYZとiriya plus cafe による美味しいパンケーキパーティー。
JOYZ はこの日、Special cafe orchestraを結成。
iriya plus cafe はとびきりのパンケーキと料理でみなさんをお出迎え。
先着40名限定、完全予約制。詳細は後日HPで発表。

ワクワクが散りばめられた僕らのトーキョーイーストサイドストーリーのはじまりはじまり!

◆iriya plus cafeサイト
◆JOYZオフィシャルサイト
◆JOYZコラム「AtoZ JOY」チャンネル
この記事をツイート

この記事の関連情報