SPYAIR、前に突き進む力を秘めた待望の1stアルバム『Rockin' the World』大特集

twitterツイート

GARNET CROW

最新シングル「Misty Mystery」2011.8.31 リリース

INTERVIEW

──世界を震撼させるというような意味合いのタイトルが付いてますが、大きく出ましたね。これは誰がつけたの?

UZ:MOMIKENがつけました。

MOMIKEN:最初は『ジャパニケーション』でいいんじゃないかって言ってたんですよ。

KENTA:そこで、イヤイヤ、待て、と。その時はまだ一曲目の「Rockin' the World」のタイトルが決まってなかったんですよ。じゃあ、この曲名をアルバムのタイトルにしようぜって決まって、さぁ、MOMIKENヨロシク!ってことで(笑)。

──その時は歌詞はあったの?

MOMIKEN:まだなくて。アルバムタイトルを抜きにして、短い曲だし、“さぁ、始まったぜ!”っていうような曲にしたくて。それこそ、“揺らしてこうぜ”みたいな。あまり深い意味はなく、それがわかりやすいワードで表現出来たらいいなぁと何かないか考えてたら、「Rockin' the World」って言葉のハマりもいいし、これがアルバムタイトルでもいいんじゃないかなって。ロックバンドが鳴らしているタイトルじゃん!って自分の中で消化して。ロックバンドの1stアルバムらしいですよね。

──SPYAIRらしいタイトルだよね。

IKE:なんとなく自分達のこともイメージ出来るタイトルになって良かったですよね。

UZ:俺らがどう見られているかわからないですけど、J-POPと言われもするし、コミックバンドとも言われもするし(笑)……見かけからね。周りからなんと思われようと、俺たちSPYAIRとしては、俺たちはロックバンドですって言葉にしていきたいなって気持ちがデビューして一年経って増して来て。そうしたらリーダー(MOMIKEN)がこのタイトルを持って来て。

──「Rockin' the World」自体もアルバムのイントロのようになっているしね。この曲もそうですけど、一枚通して聴きながら、UZくんのリフメイカーぶりが垣間見えましたね。

KENTA:UZはリフメイカーですね。インディーのときから、UZがリフを持って来て、そこからみんなで広げて行くというやり方だったので。UZもカッコ良いリフとか好きだろうし、UZが持って来るリフって、“それはないだろう!”って言ったことが一度もないんですよ。だいたい“カッコ良いね、それ行こう!”って進んできたんですよ。

UZ:ただ、昔はそうやってリフから先に作ってることが多かったんですけど、最近はメロディから作ることのほうが多いから、リフメイカーと言われるのは意外なんです。

──いや、良いリフってキャッチーなものじゃないですか。それはメロディと通じるものがあると思うんですよね。リフメイカーだったからこそ、覚えやすいメロディや、ヘヴィなサウンドに乗っかっても歌えるものが作れるのではないかと思ったんですけどね。

UZ:あぁ……そうですね。ありがとうございます。僕は1stアルバムに対しての夢をだいぶ前から持ってたんですよね。デビューする前から、1stアルバムに入れたい曲をたくさん書き溜めていて、それが30曲くらいあったんです。シングルが5曲もあるから、バランスを考えて。やっぱり俺は一枚として聴いてほしいんです。1曲目から最後まで聴いてドラマがあるわけじゃないですか。

──だから息を抜く部分もあるしね。「Stay together」とか。

UZ:そう。アルバムじゃないと成り立たないような。アルバム一枚を聴くと言っても、それなりの体力がいるじゃないですか。いくら音楽好きでも。集中力が途切れるというか。自ら、ここは集中力抜いていいんだよっていう曲を入れることによって、また他の曲への集中力も上がるだろうし。その曲の意味もあるから、「Stay together」を真ん中に持って来たっていうのもありますね」

──ライヴの流れも見えて来ますよね。「SINGING」をみんなで歌って、ラストの「My Friend」ではみんなで足踏みをしたりとか。

UZ:そうそう。ガーッと上げておいて、アルバムの最後にそういうホッとするようなものがあったらいいなぁと思いましたね。で、「My Friend」が出来たときに、これはもうアルバムの最後だなってリーダーに渡したんです。その上で歌詞を書いてもらったから、余計に際立ったかなって思いますね。

MOMIKEN:インディーのときに出したアルバムで『alive』という作品があって、その最後が「home」という曲なんですよ。漠然とそういう曲にしたいということをUZから聞かされたので、「home」を越えるような、それに近い歌詞を書きたいと思っていて。「My Friend」と言いつつもファンとの関係を歌っていたり、感謝の気持ちや自分の思っている気持ちも込めて。

IKE:俺、この曲が一番、歌ってて心地よいんですよ。歌詞も好きだし。ライヴでやりたいなぁと思うんですけど、そんなに毎回やれるような曲でもないから、大きいライヴの締めのほうでやりたいですよね。そういうライヴをいっぱいやって、この曲がいっぱい歌えたらいいなぁと思います。

──アルバム全体のバランスって、歌詞の部分でも考えられていますよね。背中を押せるようなものとか前向きな曲だけじゃなく、今話してくれた「My Friend」のような感謝の気持ちを歌った曲もあるし、「Beautifu」や「I miss you」のようなラブソングもあって。

MOMIKEN:そう。アルバムなのでこういう甘めなのも(笑)。普段歌っているような、現状を打破して行こうっていうものもありつつ、当然人間だから人も好きになるし、バカやったときはヘコむし、感謝もする。アルバムの中には、こういう気持ちを持っているアーティストなんだよって伝えたくて、歌詞の世界観もいろいろ幅を持たせたんですよ。そういう意味での「I miss you」だったりもして。

──タイトルには世界という大きな単語が入っているけど、歌っていることはすぐ隣にあることだったり、日常、いつも身近にあることじゃないですか。結局、そういう小さな日常の積み重ねを描いたものが世界中の人を感動させるようなものになっていくんですね。

IKE:凄いアルバムだね(笑)。

MOMIKEN:僕はそこまで考えて書いていました……。

ENZEL☆:そう乗っかる!?(笑)

MOMIKEN:でも嘘は書けないなと思っていて。世界を歌ったものの、自分の世界なんて見えるものが限界で。見えていないものはそれこそ未知の世界であってわからないものだし、想像するしかないし。もうちょっと具体的に歌に込めようとすると自分が見えているものしか書けないですからね。っていうこともあって、近いことしか書けなかったというのもあります。

──そういうものが聴いている人はキュンとするんじゃないですかね。例えば「Beautiful」の「ちょっと短いこの指が好き」という部分だったり。こういう細かいディテールにグッとくる。

MOMIKEN:人に言われて、コンプレックスが長所だったなって思えることもあるじゃないですか。自分のコンプレックスも好きだよって言ってくれる人に出逢えたことって嬉しいじゃないですか。そういう人がどこかにいるんじゃないかなって。

──うんうん。こういうディテールもそうだし、「Stay togeher」でもほとんど自分のことを歌っているような内容ですよね。

MOMIKEN:アルバムなので、リスナーとの距離感を縮めたいという気持ちもありましたね。人間らしさというか。普段はシングルで前向きなことばかり伝えているので、そうじゃない部分も持っているというのはアルバムならでは伝えられることだし、SPYAIRって人間らしい部分を歌えるんだなって思ってもらえたら嬉しいですね。

──しかも、その人間らしさを歌に出すことが出来るスーパーヴォーカリストもいるし。

IKE:あ、俺ですか(笑)。今回、みんなに届けたいんですよ。SPYAIRをやっている以上、色んな人に聴いて欲しいし、それはたくさんであればたくさんであるほどいいんですけど。やっぱ歌うとき、感情を込めるとき、何かを感じるときっていうのは、一人に対してしか届けられないから、どの曲も歌詞の部分のここはあの人に向けて、ここはその人に向けて、全部、一人の人に対して歌って来たと思います。

──SPYAIRの大ファンでもあるENZEL☆はどの曲が好き?

ENZEL☆:僕は『Beautiful』が……。

全員:へぇ~!

UZ:一番、お前と真逆だな!

ENZEL☆:作っている途中は僕はあんまり聴かないんですよ。固定概念とかが出来ちゃうと嫌なんで。

UZ:いや、違う違う。俺、お前に途中で音源送らないもん(笑)。

一同:わはははは(笑)。

ENZEL☆:出来上がったときにサラッと聴いて、ドキッとしたのは「Beautiful」なんですよね。こんな風に、自分のコンプレックスも好きだって言われたら、どんだけ嬉しいんだろうと。自分も言われたいし、そういう人を見つけたいなぁとも思ったし。

UZ:9割がた嘘だと思う。

MOMIKEN:ENZEL☆はそんなに歌詞を気にしないタイプだからなぁ。

ENZEL☆:いや、歌にグッときましたよ。IKEのことが好きって思いました。

IKE:別に嬉しくないなぁ(笑)。

──収録曲もいろいろなタイプの曲があるから、リスナーも好みの曲が分かれそうですね。でも最初にUZくんが言っていましたが、流れで聴くとシングルで何度も聴いた曲が違って聴こえたりもして、一枚を通して聴くのが一番良いなぁと思いました。

IKE:そうなんですよね。俺も、「Last Moment」とか、アルバムで聴いたらシングルのときと全然違って聴こえてビックリしたんです。だから、最初から一枚通して、一つの作品として楽しんでもらえたら嬉しいですね。で、このアルバムを持って、たくさんライヴがしたいです。これから野音もありますし、楽しみにしていてほしいですね!

twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

amazon

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス