ニュー・オーダー、チャリティー・ギグでジリアン・ギルバートを加え再結成

twitterツイート
ニュー・オーダーが10月、チャリティーのためリユニオンすることが明らかになった。彼らのライヴは2006年11月以来5年ぶり。そして、2001年に脱退したジリアン・ギルバート(Key)も参加する。が、ピーター・フック(B)はジョインしない。

ショウは、ニュー・オーダーの「True Faith」「Touched By The Hand Of God」「Regret」などのPVを制作したマイケル・シャンバーグを支援するため、ブリュッセル(10月17日)とパリ(18日)で開かれる。シャンバーグは2005年以来、消耗性疾患を患っているという。

BBC 6ミュージックによると、フロントマンのバーナード・サムナーはこう話している。「マイケルはものすごく初期のころから僕達と一緒にいた。もともと、ニューヨークのFactoryを管理していて、僕らのビデオのクリエイティヴ・プロデューサーになった」

また、今回バンドに復帰するジリアン・ギルバートは「バンドに戻るのは本当に嬉しい」「マイケルはすごくいい友達で、彼を助けたい。だから、私にとっていまカンバックするのはパーフェクトなタイミングだわ」と語っている。ドラマーのスティーヴン・モリスと結婚したギルバードは、横断性脊髄炎を患う娘と一緒にいるため2001年にバンドを脱退した。

リユニオン・ギグは、サムナー(Vo/G)、ギルバート(Key/G)、フィル・カニンガム(G)、スティーヴン・モリス(Dr)、そしてフックの代わりにトム・チャップマンをベースに迎え行なわれるという。

Ako Suzuki, London

◆BARKS洋楽チャンネル
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス