YELLOW FRIED CHICKENzの国内ツアー、Zepp Tokyoからスタート

ツイート
GACKT率いるYELLOW FRIED CHICKENz(イエロー・フライド・チキンズ / YFC)が、9都市24公演の国内ツアーを9月14日と15日のZepp Tokyoからスタートさせた。

◆YELLOW FRIED CHICKENz 画像@2011.09.15 Zepp Tokyo、14日&15日のセットリスト【追加】

YFCは、「日本に漢(男らしい男)を増やしたい! 草食系男子を肉食系に変える!!」というテーマの下、2010年3月に結成され、国内外で精力的に活動をスタート。そして2011年6月9日に行なわれた<禁級来日記者発表>にて、LUNA SEAのドラマー・SHINYA(真矢)、ヴォーカルのJON(from fade)、ギターのTAKUMI、ベースのU:ZO(ex RIZE)の新メンバーが発表された。

ツインボーカル&トリプルギターの新編成となったYFCは、7月からフランス、ドイツ、オランダ、イギリスなど12都市13公演の欧州ツアーを実施し、約2万人を動員。各国でファンを大熱狂させたのち、今回、<WORLD TOUR“SHOW UR SOUL.I"世壊傷結愛魂祭>日本国内ツアーをスタートさせた。なお、国内ツアーは約6万人の観客総動員を見込んでいる。

「愛入れて参加しないと、押しつぶされるぞ! みんな、覚悟して参加してくれ。その分、感動もかなり大きいはず。いくぜ! 兄弟! 今夜は飛ばしていくぞ!!」── GACKT

白Yシャツ、黒ネクタイ、黒ズボンの統一された衣装でステージに登場したYFCは、この日、9月14日リリースの新曲「THE END OF THE DAY」ほか、アンコール含む13曲を披露。来日公演を待ちわびていたオーディエンス2700人は、そんなGACKTとYFCを、熱狂と歓喜の渦で迎えた。

今後YFCは、アジアおよび北米南米ツアーなどの実施も視野に入れて活動を続ける。

◆YELLOW FRIED CHICKENz オフィシャルサイト
◆BARKS ヴィジュアル系チャンネル
この記事をツイート

この記事の関連情報