サイモン・コーウェル、『Xファクター』で歌ってはいけない5曲を発表

ツイート

サイモン・コーウェルがオーディションで二度と(絶対)聞きたくないのは以下の曲だ。

●R.ケリーの「アイ・ビリーヴ・アイ・キャン・フライ」
●エタ・ジェイムズの「アット・ラスト」(「これのアレルギーなんだ」と彼)
●ザ・ライチャス・ブラザーズの「アンチェインド・メロディ」(「誰かが冗談でこれを私のお気に入りの歌だと言ったんだ」)
●ジェイソン・ムラーズの「アイム・ユアーズ」
●ジョン・レジェンドの「オーディナリー・ピープル」(「オリジナルほど良くなりっこないんだから」)

サイモン・コーウェルは9/13に、9/21の『Xファクター』プレミアを宣伝するための電話会見でこのリストを発表した。彼はこの番組がNBCの『ザ・ヴォイス』の上を行くと宣言し、出演者のアントニオ・“L.A.”リード、ニコール・シャージンガー、ポーラ・アブドゥルらを褒め称えた。

「L.A.リードは天啓そのものだよ」とサイモン・コーウェルは審査員について語る。「ニコールは素晴らしく自己中心的なやり方で変わってるんだけど、彼女はそれに気がついてもいないんだ。街ごとに違うアクセントでしゃべるんだからね」

「ポーラは5分でカメラが入っていることを忘れてしまう。相変わらず口論する気満々だよ」

参加者の苦労話や成功談が、才能の次に重視されるという。サイモン・コーウェルは裏話が番組の成功に重要になるだろうと思っている。「わざわざ番組に時間を割いてもらうんだぜ? 微妙な違い以上のものが必要なんだよ。シンガーのプロフィールがわからないんじゃ、人々はスイッチを切っちゃうのさ」

「『ザ・ヴォイス』は私たちほどそいつをやっていない。やると思ってたんだけどね。それがゲームの本質だ。フォーマットの必要部分なんだ。誰だって助言はできるけど、スターを作ったり助言したりはできるかい? 私たちが(イギリスで)やって来たことを見てほしいね。3位のワン・ディレクションはシングル・オブ・ザ・イヤーを出すはずだから」

「(『アメリカン・アイドル』では)毎週コンテストをやれないのが不満だったんだ。人気のコンテストになったんだから、プロセスも一新してリスクも犯さなきゃダメさ」

◆ニュース提供:ビルボード
◆BARKSビルボード・デイリーニュース・チャンネル
この記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス