英アルバム・チャート、新人シンガーEd Sheeranがトップに

ツイート
今週の英シングル・チャートは、オーディション番組『X Factor』出身のボーイズ・グループOne Directionのデビュー・シングル「What Makes You Beautiful」が初登場でトップに輝いた。平均年齢18歳の5人は、2010年度の『X Factor』に出場。3位に終わったが、若い女の子たちから圧倒的な人気を誇っていた。

2位はマルーン5&クリスティーナ・アギレラの「Moves Like Jagger」がキープ。先週1位だったピクシー・ロットの「All About Tonight」は3位にダウンした。

今週は、1位のOne Direction以外新たにトップ10入りした曲はなかった。

アルバム・チャートは、UKの新人男性シンガーEd Sheeranのデビュー・アルバム『+』が初登場で1位を獲得した。2位はアデルの『21』がキープし、先週トップだったExampleの『Playing In The Shadows』は3位にランク・ダウンした。

今週はこのほか、Laura Marlingの新作『A Creature I Don't Know』(4位)、クークスの3rdアルバム『Junk Of The Heart』(10位)が新たにチャート・インしている。

Ako Suzuki, London

◆BARKS洋楽チャンネル
この記事をツイート

この記事の関連情報