レディー・ガガ、MTV EUROPEAN MUSIC AWARDSで最多ノミネート獲得

ツイート

先月発表されたMTV VIDEO MUSIC AWARDSで複数の賞を受賞したばかりのレディー・ガガが、今度はアイルランドのベルファストにあるODYSSEY ARENAで11/6に開催されるMTV EUROPEAN MUSIC AWARDS (MTV EMAs)の授賞式にも、候補者の中で最多となる6部門でノミネートを獲得した。

最新アルバム『ボーン・ディス・ウェイ』への下馬評の高さから、ガガは“BEST POP”、“BEST FEMALE”、“BEST LIVE”を含むすべてのノミネートで筆頭候補に上がっている。

そして6部門のガガに次いで多くのノミネートを獲得したのは、それぞれ4部門で候補にあがったブルーノ・マーズとケイティ・ペリーで、続いてアデル、ジャスティン・ビーバー、サーティー・セカンズ・トゥ・マーズが3部門にノミネートされている。

中でも注目なのは“BEST SONG”部門で、ペリーの大ヒット・アンセム「ファイアーワーク」、アデルの「ローリング・イン・ザ・ディープ」、マーズの「グレネイド」、そしてジェニファー・ロペスの「オン・ザ・フロア」が、ガガの「ボーン・ディス・ウェイ」と栄冠を競い合うことになる。

また今回から新設された、ファンの熱狂的支持に対する栄誉“BIGGEST FANS”部門では、ガガ、ビーバー、サーティー・セカンズ・トゥ・マーズ、パラモア、セレーナ・ゴメスがしのぎを削り、同じく新設カテゴリー“WORLD WIDE ACT”部門では、ヨーロッパの異なる地域から登場したアクトに対してファンが投票を行って勝者を決定し、その欧州勝者がラテン・アメリカ、北米、アジア太平洋地区、アフリカ/インド/中東の各候補と競い合う。

MTV EMAsの授賞式は、1994年からパリ、ベルリン、ローマなど毎年ヨーロッパの様々な都市で行われており、スペインのマドリードで開催された昨年の授賞式では、ガガが「バッド・ロマンス」で“BEST SONG”を受賞したほか計3部門で栄冠を手にした。

◆ニュース提供:ビルボード
◆BARKSビルボード・デイリーニュース・チャンネル
この記事をツイート

この記事の関連情報