101A、3年半ぶりのフルアルバム『4』リリース

ツイート
欧州ツアーを行うなど海外でも評価の高いポストロックバンド・101Aが、3年半ぶりとなるフルアルバム『4』を9月28日にリリースする。

◆「luminous」PV映像

前作『lethe』はギリシャ神話に登場する「忘却の川」をテーマに掲げ、音の陰影とラウドな暴力性を発揮した作品となったが、今作『4』(正式表記は逆4)は、ロマンチシズムや激しさはある程度削ぎ落とされ、101Aのストイックさが浮き出る作風となったようだ。

これまで内省的な音楽を表現し続けてきた101Aだが、メンバー自ら「バンド史上最も明るい曲かもしれない」と認める、リード曲「luminous」をアルバム1曲目に配置した点も注目だ。

明るさの裏側に秘められた鮮烈な悲しみと、希望の美しさを感じさせるこの曲は、ダークなイメージを持つ101Aのさらなる音楽性の多様さを見せつける作品でもある。「luminous」のPV監督はB'z、東方神起らのプロモーションビデオを手がけた井上強が務め、視覚からも101Aの世界を楽しむことができる。

アルバム『4』には、ライブで披露されていた新曲「鉄」が収録されているが、そこにはunkie、downyの活動で知られる青木裕がギターで参加している。101Aのサウンドと青木裕のプレイの融合にもご期待を。アルバム発売の3日後となる10月1日(土)には、Shibuya O-nestでリリースパーティーは開催、その後はアルバムを携えてのツアーがスタートする。


『4』
2011年9月28日
WRA1002 3,000円
1.luminous
2.otogi
3.ghost
4.時の岸辺
5.Lost Way
6.moon
7.鉄 feat. Yutaka Aoki
8.5334
9.go

◆101Aオフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報