サカナクション、『DocumentaLy』で心をぶつけあって音楽を生み出してることを伝えたい

twitterツイート
サカナクションが前作『kikUUiki』から約1年半ぶりの5枚目のアルバム『DocumentaLy』を遂にリリースする。ヒットシングル3曲「アイデンティティ」(2010年8月リリース)、「ルーキー」(2011年3月リリース)、「『バッハの旋律を夜に聴いたせいです。』」(2011年7月リリース)が収録された非常にPOP色の強いアルバムとなっているが、その深遠には強い想いが貫かれている。

◆サカナクション、5thアルバム『DocumentaLy』特別インタビュー~拡大画像~

「この2011年という年に、こういう人がこうして音楽を作ってるんだ、と全部見せてリアルを届ける、時代を歌う音楽がロック。“Documentary”の“r”を“L”に変えたのは、“mental”を表したかったから。僕たちが心をぶつけあって、音楽を生み出してることを伝えたかった」とボーカル・ギターの山口一郎が語るように、『DocumentaLy』というタイトルにはドキュメンタリーのなかにメンタル=mentalが隠れている。「自分の精神や心が人生のなかで鳴っているということを表現した」アルバムというわけだ。

中でも、アルバム収録曲の“エンドレス”は、山口一郎が「新しい発明をする必要があった」と語るように、2011年初頭から制作に着手し、楽曲完成まで約8カ月をかけ、アルバム収録曲の中でも最も力を入れた楽曲。

「ミュージシャンとして2011年という時代に生きて感じたことを1曲で歌いきりたかった。2011年は震災もあったし、尊敬しているミュージシャンが亡くなったり、いちばん近い身内が亡くなったり、ホントにいろんなことがあって。それを全部背負い込んでいたし、“この曲にすべてを込めよう”と思ったんです」

という強い思いで制作された渾身の楽曲であり、アルバムでもっとも重要な1曲といえるだろう。

また、初回限定盤Aに封入されているDVD「DocumentaLy Documentary」には、この“エンドレス”の制作過程に密着したドキュメンタリー映像が収録されている。

「『どんな人間がどんな音楽を作っているのか?』をリスナーに観てもらうことによって、僕らが作るロックという音楽はリアルに人間が泥臭く作っているものだということをリスナーにも共有してほしかったんです。だから、なるべく露骨にリアルに制作の裏側を見せようと思った」と山口。衝撃的ともいえるレコーディングのリアルな裏側が確認できる。

「ロックは社会的なことを言える音楽のはずなのにマイノリティなのは、矛盾してると思う。僕はエンターテインメントの世界に食い込んで、その中でのマイノリティになりたいんです」

あえて音楽を作り出す裏側をすべてさらけ出し、リスナーと音楽を作ることの苦しみと喜び、感動を共有する。そして音楽を創る営みの尊さをリスナーに知ってもらう。それこそが音楽の復権、音楽を取り戻すことにつながる。そう山口が信じ、打ち出したテーマが“ドキュメンタリー”であり、産み出したアルバムが「DocumentaLy」。10年後、20年後にも素晴らしい音楽シーンを残したい、という切なる想いが強い決意となって具現化された作品となっている。

文:藤井麦丸

5th Album『DocumentaLy』
2011年9月28日リリース
【初回限定盤A】VIZL-437 ¥3,500(税抜¥3,333)
CD:全13曲(ボーナストラック:ホーリーダンス Like a live Mix 含む)
DVD: DocumentaLy Documentary 「エンドレス」 「ドキュメント」)レコーディングドキュメンタリー映像を27min収録)
ブックケース+豪華ブックレットCover Design Documentary(全52P)仕様
【初回限定盤B】VICL-63785 ¥3,000(税抜¥2,857)
CD:全13曲(ボーナストラック:ホーリーダンス Like a live Mix 含む)
ブックケース+豪華ブックレットCover Design Documentary(全52P)仕様
【通常盤】VICL-63790¥2,800(税抜¥2,667)
CD:全12曲
【CD】
1.RL
2.アイデンティティ
3.モノクロトウキョー
4.ルーキー
5.アンタレスと針
6.仮面の街
7.流線
8.エンドレス
9.DocumentaRy
10.『バッハの旋律を夜に聴いたせいです。』
11.years
12.ドキュメント
13.ホーリーダンス Like a live Mix
※M-13:<ボーナストラック>※初回限定盤A・Bのみ収録
【DVD】
DocumentaLy Documentary 「エンドレス」 「ドキュメント」

◆サカナクション オフィシャルサイト
◆サカナクション レーベルサイト
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

amazon
amazon