レディ・アンテベラム、「水曜ミステリー9」エンディング・テーマに

ツイート
レディ・アンテベラムの楽曲が日本のドラマのテーマ曲に起用される。彼らの楽曲がドラマに使用されるのはこれが初めてのことだ。

◆「ジャスト・ア・キス~幸せの予感」和訳付短編映像

楽曲は最新ヒットシングル「ジャスト・ア・キス~幸せの予感」だ。10月5日からスタートするテレビ東京系「水曜ミステリー9」のエンディング・テーマとしてオンエアーされるという。「水曜ミステリー9」は2001年に「女と愛とミステリー」としてスタートした一話完結の2時間ドラマ枠だ。様々な事件の深層を追いながら、ミステリーの陰にある人間ドラマを描写する見ごたえある内容が、これまでも人気を博してきたシリーズだが、2009年の終了以来、今回2年半ぶりに復活することになる。

テレビ東京のプロデューサー:橋本かおり氏はレディ・アンテベラムの起用について「水曜ミステリー9の枠はこれまでも大人の鑑賞に耐えうる良質の作品を送ってまいりましたが、今回も音楽の味わいがわかる大人のための素晴らしい楽曲に巡りあいました。見終わった方々にどこか癒しとほっとする気持ちをお届けできるとともに、いつのまにか口ずさんで番組の余韻を味わってもらえると確信しています。」と落ち着きのコメント。

登場人物たちの哀しくも力強く生きる姿と、レディ・アンテベラムのせつない歌声がシンクロするエンディングは、より深い感銘を与えるものになっているとか。是非ともお楽しみに。

レディ・アンテベラムは11月11日からテネシーのノックスヴィルを皮切りに全米21か所を回る<OWN THE NIGHT 2011ツアー>をスタートさせる。


『夢の貴婦人(原題:Own the Night)』
2011年9月14日発売
TOCP-71119 ¥2,300(Tax in)

テレビ東京系「水曜ミステリー9」
10/5スタート
毎週水曜よる9:00~10:48
・10/5「鉄道警察官 清村公三郎 秩父長瀞~連続殺人レール」主演:小林稔侍
・10/12「刑事吉永誠一 涙の事件簿 虹が消えた交差点」主演:船越英一郎
・10/26「捜査検事 近松茂道 桐生織伝説殺人事件」主演:高橋英樹

◆レディ・アンテベラム・オフィシャルサイト
◆BARKS洋楽チャンネル
この記事をツイート

この記事の関連情報