曽根由希江、はんにゃ・金田と恋バナ。「ケータイなんて見るもんじゃない」

ツイート

テレビ東京ドラマ24『ここが噂のエル・パラシオ』のエンディングテーマとなっている「君のとなりに」が、有線放送キャンシステム月間お問い合わせランキングで9月度1位(10月1日付け)、JOYSOUND「歌詞」テレビドラマランキングで6日連続1位(10月5日付け)を獲得するなど話題の曽根由希江が、10月6日、メジャーデビュー1周年を迎えた。

◆曽根由希江 画像@恋愛イベント<恋バナ恋うた>

「君のとなりに」の着うた(R)配信もスタートしたこの日、曽根由希江はYMスクウェア原宿イベントスペースで行なわれた恋愛イベント<恋バナ恋うた>に登場。会場からの大きな拍手に迎えられた曽根は、まず新曲「君のとなりに」を披露し、その後、曽根の呼びかけで登場したお笑いコンビ・はんにゃの金田哲と恋バナを展開した。

曽根は、過去に当時付き合っていた彼氏のケータイを見てしまい、彼氏が自分以外の相手に“今から会いに行くね”とメールしていたことや、新曲の歌詞にある「彼が電話のために部屋を出て行った」というエピソードを「ケータイなんて見るもんじゃない」という、“経験者”ほど深く共感してしまう感想とともに語ると、金田からは「浮気されてますね。」と手厳しいツッコミが入る。すると今度は、金田の別れた彼女について「何をしたんですか?」と、曽根が鋭いツッコミをみせ、金田から「結局、男が悪いみたいなことやめてもらいますか!」との発言が飛び出す。そんなやりとりとともに、思わず会場も大盛り上がりの白熱した恋バナが繰り広げられた。

そして金田からの「やっぱり、いまの僕の“恋うた”は“君のとなりに”だから、もう1回聴きたいですよ!」と言うリクエストに答えるかたちで、曽根は照れながらも、もう一度「君のとなりに」を歌唱。恋愛トークから明らかになったような本音をもとにした歌詞に共感する女子も多かったようだ。

また、曽根自身も同日深夜に生放送された文化放送のレギュラープログラム『リッスン?』にて、「男の人と恋バナしたのは初めてくらいの経験で、新鮮だった。」と、イベントを振り返って感想を述べていた。

今後、曽根由希江は「君のとなりに」着うた(R)購入者から抽選で25組50名を招待する女子限定スペシャルイベント<恋うた恋占いパーティー>を開催する予定。こちらのイベントには、スペシャルゲストとして人気手相占い芸人・島田秀平が登場。観客の中から恋の行方を占ってもらえちゃうかも、とのことなので、恋に悩める女の子はぜひ参加してほしい。

【「君のとなりに」発売記念 あなたの学校に歌いに行ってもいいですか?キャンペーン】
曽根由希江があなたの文化祭に出張ライブで駆け付けます!
曽根由希江のファンの方、「大切な思い出となる文化祭を盛り上げたい」と思っている在校生、学校関係者の皆様!!
全国どこへでも行きますので、熱いメッセージを添えて是非ご応募ください!

◆曽根由希江オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報