オヤイデ電気から5N純銀採用のHi-Fi USBケーブル「Continental 5S」登場

ツイート
オヤイデ電気は、オヤイデ電気ブランドとしては初めてのUSBケーブルとなるHi-Fi USBケーブル「Continental 5S」を10月15日より発売する。

オヤイデ電気は、プロフェッショナルブランド「NEO」から、プロの現場やクリエーター達からのリクエストから生まれたデジタルI/O、コンピュータをメインとするプライベートブランド「d+」を2009年より展開。なかでもUSBケーブルは1年間で出荷本数3万本というセールスを記録。現在でも記録は更新されている。そして2011年、満を持してコンシューマー向けHi-Fi USBケーブルがオヤイデ電気から登場することとなった。

「Continental 5S」は、オヤイデ・エンジニアリングの粋を結集した、まぎれもないオーディオファイルだけのために創られたHi-Fi USBケーブル。ケーブル長は0.6m、1.2m、1.8m、3.0mがラインナップされる。

「Continental 5S」は、信号導体にスキンパス処理を施した高品位5N純銀導体の採用。ロスのない確かなデータの高速伝送を実現する。コンタクト部分のメッキは導電率と耐久性を兼ね備えた、オヤイデ電気オリジナル・特別仕様の2レイヤー・ダイレクト・プレーティングを採用。一層目のプレーティングは、高い導電率を誇る純銀によって仕上げられ、2層目には高強度のロジウムプレーティングを採用する。

シールドは、100%の遮蔽率を誇るカッパーフォイルシールド。信号・電源用導体を完全分離し、さらにアルミフォイル・シールディングを施した上、周波数特性の高い銀メッキ銅編組(90%)を採用し、ジッターロスを極限まで軽減している。

伝送速度は480Mbpsの高速通信USB2.0(HI-SPEEDモード)に完全対応。デジタル伝送に重要なケーブルの特性インピーダンス調整は、インピーダンスを最大限に考慮した設計と高度な技術で厳密なピッチ調整を行なっている。ケーブルの介在には、低静電容量で静電気を帯電しない100%ピュアシルクフィラメントを採用。ケーブル内に信号が流れると微弱振動が発生し、静電気を帯電している物質はその振動によりコロナ放電をする。この問題を解決するために、シルクフィラメントをマウントしているのだ。

電源用導体には、ケーブルの可とう性能と安全性を考慮した結果、AWG22のPCOCC-Aストランディングワイヤーを選定。ケーブルとコネクターの接合部は磁場が乱れ、ノイズが混入しやすいため、ケーブルとプラグははんだ付けされた後、メタルシェルによってカバーされ、樹脂モールディングされている。さらに真鍮削り出しのアウターシェルをプラグ部分に配置し、接合部を外部ノイズから守る。

DACやオーディオインターフェイス、PCオーディオのさらなる音質グレードアップをしたい人、データロスを極力抑えたい人、ハイレゾ音源を高品位に再生したい人、デジタル再生の高音質化対策をしたい人にオススメのケーブルとなっている。

◆Continental 5S
価格:0.6m 24,150円、1.2m 30,450円、1.8m 36,750円、3.0m 48,300円
発売日:2010年10月15日

◆Continental 5S 製品詳細ページ
◆オヤイデ電気
◆BARKS 楽器チャンネル
この記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス