浜崎あゆみとJUNOが、ラフォーレ原宿「LANDS OF Eden.」でお買い物

ツイート

10月8日、週末で賑わう原宿に、浜崎あゆみと、ayuが“2番目の弟”と可愛がっているJUNOが現れた。向かった先は、浜崎あゆみとJUNOがブランドキャラクターとなっている「LANDS OF Eden.」の店舗だった。

◆浜崎あゆみ、JUNO 画像@2011.10.08 LANDS OF Eden.

“楽園を追われたアダムとイブが愛と平和に満ちたLANS OF Eden.を取り戻すために、立ち上がった二人”というテーマにそって撮影されたという、同ブランドの広告ビジュアル。第1弾として9月13日に公開されていた、JUNO(=アダム)が抱きしめている“謎の美女(=イブ)”というビジュアルについて、この謎の美女が「誰もが知っている大物アーティストである」といった報道もなされたことから、巷では「誰?」と噂になっていた。一方で、この撮影をしたのが、世界的なカメラマンであり、浜崎あゆみのジャケットも手がけているレスリー・キーであること、ショートカットの金色の髪であること、JUNOの手が不自然に肩のあたりを隠していること、そして何より、女性の腕に巻かれた赤いリボン(=RED LINE)から、勘の鋭いファンは「この謎の美女はもしかして……!」と確信していたことだろう。

そしてJUNOとともに浜崎あゆみが写った広告ビジュアル第2弾が10月7日に公開。これを記念して、ラフォーレ原宿の2階にある同店に、浜崎あゆみとJUNOが来店した。

噂を聞きつけたファンが人垣を作る中、浜崎あゆみとJUNOは仲良く登場(ayuのファッションは、ラフォーレ原宿の屋外に掲載された広告ビジュアルと同じもの)。店頭にあるビジュアルにサインを入れると、早速、ショッピングがスタート。ayuとJUNOは、お互いの服をセレクトし合うといった仲のいいところを見せる。また、ayuはショッピングに夢中になりすぎたのか、店内に設置された鏡で試着したアイテムを確認しているところを不意にカメラに撮られ、思わず照れるといった場面も。

来店時間は20分程度だったが、ふたりは計31点 429,800円のお買い物をし、ayuは購入したカーキとベージュのロングニットパーカーを羽織って店舗を後にした。また、ふたりの来店後には、店頭にあるayuとJUNOの直筆サインが入ったビジュアルをケータイで撮る女の子たちの姿が絶えなかった。

【浜崎あゆみとJUNOが購入したもの一覧】
クッション×4点
ロングニット×3点
ノート×2点
カットソー×8点
ニット×7点
iPhoneケース×2点
ファーストール×1点
チェックストール×2点
スカート×2点
全9種類 31点 合計429,800円

text and photo by ytsuji a.k.a 編集部(つ)
◆LANDS OF Eden. オフィシャルサイト
◆BARKS アジアンアーティスト チャンネル
◆新ブランド「LANDS OF Eden.」広告にJUNO起用、撮影はレスリー・キー(第1弾広告ビジュアル)
この記事をツイート

この記事の関連情報