世界で話題の『THIS IS BRASS ブラバン!Beat It』、遂にインドでもリリース

ツイート
世界初の吹奏楽によるマイケル・ジャクソンのカヴァー・アルバムとして話題となっている『THIS IS BRASS ブラバン!Beat It』だが、世界23カ国で一斉配信リリースされるとともに、台湾・中国・シンガポールなどではCDでのリリースも続々と決定、世界規模での盛り上がりを見せている。そしてついに人口約11億人ともいわれるインドでの発売も決定、11月7日にCDアルバムがリリースとなる。

『THIS IS BRASS ブラバン!Beat It』の大反響を受け、11月6日には吹奏楽の聖地「普門館」で<THIS IS BRASS & New Sounds in Brass in Concert @普門館>のコンサート・プログラムも決定となった。東京佼成ウインドオーケストラが登場する話題のコンサートだ。


日本吹奏楽レコード/CDの中でも最も長い歴史を刻んでいる人気シリーズ「ニュー・サウンズ・イン・ブラス」は、1972年にスタートし2011年までに39作が発売されており、日本の吹奏楽のパイオニアであるMr.ニューサウンズ・岩井直溥(いわいなおひろ)と東京佼成ウインドオーケストラとの最強のタッグを中心に、毎年1枚リリースを続けているものだ。2012年4月に発売予定の記念すべき第40作目を記念し、人気曲投票が行なわれ、今回はその上位4曲と最新作から4曲を演奏する。『THIS IS BRASS ブラバン!Beat It』からも購入者アンケートによる上位人気曲8曲が演奏されるという。

世界的な吹奏楽大国でもある日本は、現役の吹奏楽人口だけでも100万人、経験者まで含めると500万人を超えると言われている。全日本吹奏楽連盟に加盟している団体だけでも14,295団体(2010年10月1日現在)あり、社会人バンドからママさんブラスまで、幅広い年代で親しまれている状況だ。まさに今全日本吹奏楽コンクールの真っ最中でもあり、10月22日、23日には、中学、高校の部が普門館で開催される。

コンクールが終わった後に11月6日に開催される<THIS IS BRASS & New Sounds in Brass in Concert>。吹奏楽ファンからマイケル・ジャクソンファンまで、この秋は吹奏楽でポップスを楽しむのも一興だ。

<THIS IS BRASS & New Sounds in Brass in Concert @普門館>
2011年11月6日(日)
14時開演
プログラム(予定)
前半(ニュー・サウンズ・イン・ブラスより)
1.1987年「宝島」(編・真島俊夫)
2.1981年「ディズニー・メドレー」(編・岩井直溥)
3.2011年「上を向いて歩こう」(編・天野正道)
4.2011年「K-POPメドレー~Girls編~」(編・三浦秀秋)
5.2011年「J-POPメドレー~Girls編~」(編・木原塁)
6.2011年「パイレーツ・オブ・カリビアン・メドレー」(編・森田一浩)
7.1995年「エル・クンバンチェロ」(編・岩井直溥)
8.1977年「アフリカン・シンフォニー」(編・岩井直溥)
後半(THIS IS BRASS ブラバン!Beat itより)
1.バッド(編・福島弘和)
2.今夜はビート・イット(編・天野正道)
3.スリラー(編・挟間美帆)
4.ジャクソン5メドレー(編・星出尚志)
5.セイ・セイ・セイ(編・天野正道)
6.ビリー・ジーン(編・木原塁)
7.ヒューマン・ネイチャー(編・山里佐和子)
8.スムーズ・クリミナル(編・森田一浩)    他
http://kyodotokyo.com/thisisbrass
[問]キョードー東京 0570-064-708(平日12:00-18:00/土日祝10:00-18:00)

◆THIS IS BRASSオフィシャルサイト
◆BARKS洋楽チャンネル
この記事をツイート

この記事の関連情報