ジョス・ストーン、ベスト・アルバム『ベスト・オブ・ジョス・ストーン2003-2009』発売

ツイート
ジョス・ストーンのデビューから6年間のキャリアをおさめたベスト・アルバム『ベスト・オブ・ジョス・ストーン2003-2009』が10月12日にリリースされた。

◆『ベスト・オブ・ジョス・ストーン2003-2009』画像

2003年にリリースされたデビュー・アルバム『ソウル・セッションズ/The Soul Sessions』で16歳にしてグラミーとブリット・アワードを受賞したジョス・ストーンは、セカンド・アルバム『マインド、ボディ&ソウル』でソングライティング力にも注目を集め、ハービー・ハンコック、スライ&ザ・ファミリー・ストーン、サンタナ、エルトン・ジョン、ジェフ・べックといった大御所からの参加依頼を多く受けるという、モダン・ソウルの歌姫としての存在感をアピールしてきた。

現在はご存じスーパーヘヴィーのメンバーとしての活躍が注目されるところだが、同時に自身のレーベルを立ち上げ、最新アルバム『LP1』をリリースし、ヨーロッパツアーをおこなっている最中だ。

ベスト盤『ベスト・オブ・ジョス・ストーン2003-2009』は彼女のこれまでの歩みや成長を感じられるまさにベスト的作品となっているが、シャネルの香水ココ・マドモアゼルのCM曲としておなじみになったジョス・ストーン・ヴァージョンの「ラヴ/L-O-V-E」(ナット・キング・コールのカバー)がCD初収録となっている点にも注目だ。

『ベスト・オブ・ジョス・ストーン2003-2009』
2011年10月12日発売
TOCP-71128 2,500円(税込)
1.フェル・イン・ラヴ・ウィズ・ア・ボーイ/Fell In Love With A Boy
2.スーパー・デューパー・ラヴ/Super Duper Love
3.ユー・ハド・ミー/You Had Me
4.ライト・トゥ・ビー・ロング/Right To Be Wrong
5.ドンチャ・ワナ・ライド/Don't Cha Wanna Ride
6.スポイルド/Spoiled
7.テル・ミー・バウト・イット/Tell Me 'Bout It
8.ベイビー・ベイビー・ベイビー/Baby Baby Baby
9.テル・ミー・ホワット・ウィアー・ゴナ・ドゥー・ナウfeat.Common/Tell Me What We're Gonna Do Now(featuring Common)
10.ブルーズド・バット・ノット・ブロークン/Bruised But Not Broken
11.ラヴ/L-O-V-E 
12.フリー・ミー/Free Me
13.ステイルメイトfeat.ジェイミー・ハートマン/Stalemate(featuring Jamie Hartman)

◆ジョス・ストーン・オフィシャルサイト
◆BARKS洋楽チャンネル
この記事をツイート

この記事の関連情報