岡田将生、GReeeeNの新曲PVに青年医師役で出演

ツイート

11月16日にリリースされるGReeeeNのニュー・シングル「恋文~ラブレター~」のミュージック・ビデオに、俳優の岡田将生が出演。青年医師役を好演している。

◆「恋文~ラブレター~」岡田将生 画像

「恋文~ラブレター~」は、岡田将生が主演する映画『アントキノイノチ』(11月19日公開)の主題歌で、ミュージック・ビデオでも「思いを遂げることが全てじゃない、大切なのは幸せを願うこと」という映画に共通するテーマが、GReeeeNならではの瑞々しい感覚で描かれている。

このミュージック・ビデオの中で青年医師を演じた岡田将生は、「曲を聴きながら気持ちよく、楽しく演じることができました。最後に幸せな2人を描いていて、心温まるPVになったと思います」とコメント。

一方、GReeeeNのメンバーも「今回、岡田将生さんに「恋文~ラブレター~」を気に入ってい頂けたと伺い光栄です。岡田さん演じる青年の、大切な人をまっすぐに想う心に、僕等はとても感銘を受けました。この曲を作った時の僕等の気持ちを感じてくれたんだと思うと、とても嬉しかったです」と感想を寄せている。

【PVストーリー】
主役は1人の青年医師(岡田将生)。
彼は重い病気の手術の為に入院してきた女の子に恋をする。生命を左右するかもしれない大きな手術を目前にした女の子は、好きな男の子への手紙を青年に託す。
「病気が完治するかは分かりません。私の事は忘れてください。」
断腸の想いで書いた別れの手紙。不安に思っている彼女の元へ、青年が返事を持ってくる。それを見た彼女はあることに気づく。実はその手紙は青年の代筆。手紙を彼女の恋人に渡しに行った青年は、彼に新しい彼女が出来ていたのを知ってしまう。
受け取りを拒否された青年は、その男の代わりに返事を書いていたのだった。
純粋に彼女の笑顔を見るためだけに。
大手術に向かう彼女はもう一度手紙を書く。今度は青年にあてたラブレターを.........


New Single
「恋文~ラブレター~」(※タイトル読み方はラブレターのみ)
2011月11月16日発売
【DVD付き初回限定盤】
UPCH-89106 ¥1,300(tax in)
【通常盤】
UPCH-80252 ¥1,000(tax in)
[CD]
1. 恋文~ラブレター~(映画「アントキノイノチ」主題歌
2. 緑のたけだ(東洋水産「マルちゃん赤いきつねと緑のたぬき」CMソング)

「恋文~ラブレター~」
着うた:10/19~
着うたフル:11/2~

「緑のたけだ」
着うた:10/7~
着うたフル:11/9~

映画『アントキノイノチ』
2011年11月19日(土)全国公開
人間関係が希薄になりつつある現代社会の中で生まれた「遺品整理業」という職業を通して、成長する若者の姿と、「生と死」という切実なテーマを真摯に描いた「アントキノイノチ」(さだまさし著、幻冬舎文庫)。
第61回ベルリン国際映画祭で2冠を遂げた瀬々敬久監督により、遂に映画化。
本年度開催の第35回モントリオール世界映画祭にて、革新的で質の高い作品に贈られるイノベーション・アワードを受賞しました話題作です。
主演を務めるのは、2010年『告白』『悪人』などに出演し、躍進目覚ましい岡田将生と、『余命1ヶ月の花嫁』での演技が高く評価された榮倉奈々。
今、最も注目を集める2人が本作で初共演し、複雑な過去を持つ難しい役どころに挑戦致しました。

◆GReeeeNオフィシャル・サイト
◆「Green boys project」特設サイト
この記事をツイート

この記事の関連情報