マンディ・ムーア、新作テレビドラマで新妻役へ

ツイート
マンディ・ムーアが新作コメディドラマへ出演するようだ。マンディが新妻アニーとして出演する予定のテレビドラマ『アス・アンド・ゼム』は、一台のカメラで撮影される手法を利用した、家族と義理の両親との葛藤を描いたストーリーになり、アニーと夫のベンそれぞれの立場から内容がリレー形式で伝えられる。

パイロット版エピソードの放送を承諾した米テレビ局ABCから本格的に放送開始の許可を得た同ドラマは、12月日本公開予定の映画『リアル・スティール』のショーン・レヴィが監督を務める予定だ。

同ドラマシリーズが家族生活における問題を描く一方で、マンディは自身が育った安定した家庭環境とライアン・アダムスとの幸せな結婚が、自分を満足させると同時に「つまらなく」していると語った。「後にも先にも私ってとにかくつまらない人間よ。家庭的でつまらない人間なの。私っていつも家族のおかげだって思うことが好きなの。両親のことが大好きだし、うちの家族には本当に素晴らしくて強い応援体制が整っているし、いつも応援してもらっているわ。それに私が本当に小さかった頃から、自分の夢を気付かせようと多くを犠牲にしてきてくれたの」「仕事で忙しいお陰でずっと地に足をつけていることが出来るけど、自分の生活のために仕事と私生活との境界線に気付くのよ。そのバランスを探すことが人生で地に足付いた生活を送るには必要なことだと思うの」

BANG Japan

◆BARKS洋楽チャンネル
この記事をツイート

この記事の関連情報