ジャッキー・エヴァンコ、初来日で天使の歌声を披露

ツイート
天才少女ジャッキー・エヴァンコが初来日を果たし、10月19日(水)、20日(木)に東京国際フォーラム・ホールAで開催されたデイヴィッド・フォスター&フレンズ<ジャパン・ツアー2011>にゲスト出演した。

◆ジャッキー・エヴァンコ画像

マイケル・ボルトン、フィリップ・ベイリー(アース・ウィンド&ファイアー)、ラッセル・ワトソン、シャリース、アシャンティといった超豪華出演アーティストが集う中、トップバッターとして登場たジャッキー・エヴァンコは、チャン・イーモウ監督の大作映画「LOVERS」テーマ曲とデビューのきっかけとなったプッチーニのアリア「私のお父さん」の2曲を熱唱、詰めかけた約5000人の観衆をその天使の歌声で魅了した。

また、2012年1月に再来日し単独公演を行うことと読売日本交響楽団コンサートにゲスト出演することもあわせて発表された。

「初めての日本で、とてもドキドキしましたが、日本の皆さんがとても温かく迎えて下さり、楽しく歌うことができました。日本はとてもアメージングです。来年は単独公演で来日しますが、また皆さんにお会いすることを楽しみにしています。」──ジャッキー・エヴァンコ

アルバム『ドリーム・ウィズ・ミー』は、伝説の歌手バーブラ・ストライサンドとの「サムホエア」(ウエストサイド・ストーリー)や、スーザン・ボイルとのデュエット「祈り」のほか、デビューのきっかけとなったプッチーニのアリア「私のお父さん」など全14曲が、世界中を癒したエンジェル・ヴォイスで収録されている。

<ミュージカル・ミーツ・シンフォニー>
2012年1月11日(水)
@Bunkamuraオーチャードホール(東京・渋谷)
開場18:30/開演19:00
出演者:石丸幹二/安蘭けい/濱田めぐみ/田代万里生/ゲスト出演:ジャッキー・エヴァンコ/
オーケストラ:読売日本交響楽団/指揮:円光寺 雅彦
S席 \9,800/A席 \8,800(税込)
[問]読売新聞文化事業部 03-3561-6346

<ジャッキー・エヴァンコ ジャパン ツアー 2012>
2012年1月12日(木)、13日(金)
@Bunkamuraオーチャードホール(東京・渋谷)
[問]キョードー東京 0570-064-708



『ドリーム・ウィズ・ミー(Dream With Me)』
2011年10月12日発売
SICP-3218 \2,800(税込)
1.星に願いを(When You Wish Upon A Star)
2.ネッラ・ファンタジア (Nella Fantasia)
3.祈りwith スーザン・ボイル(A Mother's Prayer with Susan Boyle)
4.誰も寝てはならぬ(歌劇「トゥーランドット」より)(Nessun Dorma)
5.エンジェル(Angel)
6.私のお父さん(歌劇「ジャンニ・スキッキ」より)(O Mio Babbino Caro) 
7.サムホエアfeaturing バーブラ・ストライサンド(ミュージカル「ウエストサイド・ストーリー」より)(Somewhere featuring Barbra Streisand) 
8.オール・アイ・アスク・オブ・ユー (ミュージカル「オペラ座の怪人」より)(All I Ask Of You)
9.オンブラ・マイ・フ(歌劇「セルセ」より)(Ombra Mai Fu) 
10.ラヴァーズ(Lovers)
11.イマジネ(Imaginer)
12.主の祈り(The Lord's Prayer)
13.トゥ・ビリーヴ(To Believe)
14.ドリーム・ウィズ・ミー(Dream With Me)

◆ジャッキー・エヴァンコ・オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報