ベン・フォールズ・ファイヴ、魅力が光る万華鏡のような新作発表

ツイート
ベン・フォールズの『ベスト・イミテーション・オブ・マイセルフ:ベン・フォールズ・アーカイヴ』なる作品が10月26日に発売となる。2枚組全43曲というボリュームを誇るが、過去作ながら未発表楽曲から、初出しバージョンの音源、会心のライブから渾身のベン・フォールズ・ファイヴとしての新曲まで、ベン・フォールズの魅力が多角的に収録された、万華鏡のような作品だ。

◆ベン・フォールズ関連画像

作品の制作時期は1992年から2011年に及び、お宝/レア音源も収録されている。収録内容はざっと以下の通り。

CD1(22曲)
・ベン・フォールズ・ファイヴとしての新曲3曲
・完全未発表曲(デモや完成形など色々)
・完全未発バージョンの曲
・映画サウンドトラックでしか発売されたこがない楽曲
・東日本大震災復興支援配信アルバムに収録されたKE$HAのカバー曲

CD2(21曲)
・ベン本人が選んだ快心のLIVE音源
・2008年の一夜限りのベン・フォールズ・ファイヴ再結成LIVE音源
・ザ・ベンズ(ベン・フォールズ、ベン・クウェラー、ベン・リー)音源

ベン自身はこれを「僕にできる最高の僕自身の模倣(Best Imitation Of Myself)」と表現しており、これが本作のタイトルとなっている。

「これは僕が次のボイジャー号打ち上げで宇宙に飛ばしてもらう為に提出する作品だ。これを紙袋に入れてジミー・ウェブの玄関先に置き、火を付け、呼び鈴を鳴らして逃げるかもしれない。中国に移住した折りには、デモ・テープにだってなる。二度と繰り返されることのない楽曲の作品集だ。どの曲も、僕の能力を超えたところで無意識のうちに真実を忍び込ませることができた瞬間を象徴していると思っている。厳選されたレコーディングのパッチワークであり、点描の肖像画のように、自然な距離を置いて見るとより全体像が見えるはずだ。

今回ライヴ音源及び希少音源ディスクをそれぞれまとめるにあたり、何百もの音源を洗い直し、そのほとんどが僕も今回初めて耳にするものばかりだった。17年に及ぶ活動の間、音楽メディアにあまりに多くの変化があった為、僕達はゴミ袋一杯に詰め込まれた走り書きのラベルのマスター音源を焼いては移管し、奇麗にし、デコードするという作業の連続だった。物語は、僕が人の模倣を止め、自分のサウンドを見出し始めた頃から始まる。

これはつまり僕にできる最高の僕自身の模倣(Best Imitation Of Myself)なんだ。もし僕が自分のキャリアを通してファンの人たちに伝えたいことがあったとすれば、「君はこうあるべきだ」という周りからの干渉、「自分はこう見られたい」と思うことやその瞬間何がカッコいいとされているかといった雑音を打破することを目指すこと。正にそういうことだ。模倣を受け入れるな。自分でいなきゃ。」──ベン・フォールズ

本作はこのような形で、全曲ベン本人による解説が付属するという。彼の世界観、音楽性、生き方がしっかりと練り込まれた重要作品となったようだ。

11年ぶりとなったベン・フォールズ・ファイヴによる3曲の新曲をきっかけに、浮かんだアイデアはさらに掘り下げられ、ベン・フォールズ・ファイヴとしてのニュー・アルバムにつなげる計画があることも明らかとなっている。またひとつ、楽しみが増えたということだ。

『ベスト・イミテーション・オブ・マイセルフ:ベン・フォールズ・アーカイヴ』
2011年10月26日発売
EICP1502-3 2枚組完全生産限定盤 SPECIAL PRICE 税込定価¥3,780
※ベン本人による全曲解説(対訳付)収録/歌詞・対訳付/解説:岡村詩野
CD1:NEW&RARITIES BF5 新曲3曲を含む未発表レア・トラックス1992-2011(全22曲)
CD2:LIVE RARITIES ベン本人が選んだ快心のパフォーマンスBF5再結成LIVE、ザ・ベンズ音源を含む未発売レア・ライヴ・トラックス(全21曲)

◆ベン・フォールズ・オフィシャルサイト
◆BARKS洋楽チャンネル
この記事をツイート

この記事の関連情報