globeのKEIKOがくも膜下出血で緊急搬送、手術成功

ツイート

globeのヴォーカルKEIKOが、くも膜下出血であったことが明らかになった。

エイベックス・マネジメントからの発表によると、KEIKOは10月24日夕方に自宅で倒れ、都内病院に緊急搬送。くも膜下出血であるとの診断の結果、翌25日未明より緊急手術が行なわれた。手術は無事に終了し、現在は本人の意識も回復しているとのこと。

また、この発表と同時に、夫の小室哲哉からコメントが発表されている。

「この度は、ご心配をお掛け致しまして申し訳ございません。病院関係者の皆様のご尽力のおかげで、手術も無事に成功いたしました。KEIKOも精一杯頑張っておりますので、引き続き見守っていただければと思います。宜しくおねがいします。」── 小室哲哉

◆globe オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報