T-ARA、“ねこダンス”の次は“お祈りダンス”

twitterツイート

9月28日にリリースされた日本デビュー・シングル「Bo Peep Bo Peep」が、海外グループとしては史上初のデビュー・シングルでのオリコン初登場1位を獲得したK-POPガールズ・グループ、T-ARA(ティアラ)。その振り付けにあった“ねこダンス”でも人気急上昇中の彼女たちが、11月30日にリリースする2ndシングル「yayaya」では、また新たなダンスで注目を集めそうだ。

◆T-ARA 画像集

「yayaya」でT-ARAが披露するのは、ネイティヴ・アメリカン風のコスチュームで祈りを捧げる“お祈りダンス”。2010年12月に韓国でリリースされたミニ・アルバムに収録されていた楽曲でもあり、コア・ファンにとってはお馴染みのダンスかもしれない。“ねこダンス”のキュートさとはまた違った、ちょっぴりコミカルな雰囲気も見所だろう。

そして今回、日本でリリースされる2ndシングル「yayaya」のCD購入者のみが応募できる(抽選でチケットを購入できる)プレミアム・ライヴが、12月20日(火)東京ステラボール、21日(水)名古屋 Zepp Nagoya、22日(木)大阪 Zepp Osakaで開催されることも発表された。参加条件など、応募詳細はオフィシャル・サイトにてご確認を。

なお、オフィシャル・サイトでは<T-ARA“踊ってみた選手権>も開催中。この選手権は、参加者が自由に“ねこダンス”を踊り、その動画を投稿。そのクオリティを競うというもので、ダンスや衣装などの演出、投稿映像が再生された回数等の総合評価で賞品が授与される。

「T-ARAのイベントで踊れる券」という最優秀賞はじめ、ちょっと変わった「Twitter賞」なるものも用意されており、こちらは“踊ってみた”選手権サイトに掲載された、投稿映像に付けられた「Tweetボタン」を押してTwitter投稿することで1票を投票、その数で競われるというもので、その賞金は10万円というものだ。

現在、投稿画像は50を超え、日々、その数を増やしており、Tweet数も5,000超えをするなど、わずか1ヶ月間の企画とは思えない盛り上がりを見せている。投稿期間は10月31日(月)まで。イベントで踊れるのはどのチームか? そして、10万円を獲得するのは誰か? 最後まで目が離せない。

<T-ARA 【 Xmas プレミアム LIVE 】 >
12月20日(火) 東京:品川ステラボール
12月21日(水) 名古屋:Zepp Nagoya
12月22日(木) 大阪:Zepp Osaka
※CD封入の『チケット申込用紙』に記載されたシリアルNo.による抽選となります
※チケットの一般発売はありません
※チケットの抽選、発券につきましてはローソンチケットのシステムを使用します
※シリアルNo.1つにつきまして、チケットは2枚までお申し込みいただけます
※チケット応募 締切日:2011年12月5日(月)
※開演時間等LIVE情報につきましては、後日ご案内致します
※応募方法の詳細は、CD封入の『チケット申込用紙』をご覧ください


2nd Single
「yayaya」(ヤヤヤ)※Japanese ver.
2011年11月30日発売
【初回限定盤A】CD+DVD
TOCT-40377 ¥1,800(tax in)
※DVD:「yayaya」Music Video【Japan original Ver.】他収録(予定)
特製紙ジャケット仕様
【初回限定盤B】CD+DVD
TOCT-40378 ¥1,800(tax in)
※DVD:「yayaya」Music Video【Dance feature Ver.】他収録(予定)
特製紙ジャケット仕様
【通常盤】CDのみ
TOCT-40379 ¥1,100(tax in)
通常ケース仕様 

■CD封入特典 ※全形態共通特典
(1)トレーディングカード (8タイプのうち1枚をランダム封入)
※各メンバーソロ(7タイプ)+集合(1タイプ)  ※シリアルナンバー入り
(2)"CD購入者限定" T-ARA X'mas プレミアム LIVE チケット購入応募券
※T-ARAからファンの皆様への、X'masプレゼントLIVE!
※チケットが抽選で購入できる応募券が、初回生産分のCDに封入されます(チケットの一般発売はありません)
(3)全3形態購入者特典 応募券
※"T-ARAメンバーサイン入り レアグッズ"等が抽選で当たる!応募券
※グッズの内容は、後日発表

◆『Bo Peep Bo Peep“踊ってみた”選手権』
◆オフィシャル・サイト
◆オフィシャル・ブログ

◆EMI Music T-ARAアーティストページ
◆BARKS アジアンアーティスト・チャンネル
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

amazon
amazon
amazon