ジョージ・マイケル、高熱で公演を中止

ツイート
ジョージ・マイケルが病気を理由に、ロンドンのロイヤル・アルバート・ホールで26日(水)に行なわれる予定だったコンサートをキャンセルした。現在行なっている「シンフォニア:ジ・オーケストラ・ツアー」の同会場2日目を行なう予定だったジョージだが、ウィルスに感染し高熱を出したことから公演を中止した。

「ジョージは今夜のコンサートを行なえないことにがっかりしていますが、休養するよう言われたんです。昨晩は観客から非常に素晴らしい反応をしていただきましたし、延期することを非常に心苦しく感じています」とジョージのスポークスパーソンは発表した。

初日、ジョージは41人のオーケストラをバックにつけて、ヒット曲はもちろん、あまり知られていない楽曲やリアーナの「ロシアン・ルーレット」、エイミー・ワインハウスの「ラブ・イズ・ア・ルージング・ゲーム」、そしてニュー・オーダーの「トゥルー・フェイス」などのカバー曲なども披露した。その中でもハイライトは「アメージング」「アイム・ユア・マン」「キッシング・ア・フール」「フリーダム'90」などだった。

ジョージは28日(金)、29日(土)にも同会場でのパフォーマンスが予定されている。中止された公演は振り替えて行なわれ、チケットはそのまま使用可能となっており、ツアーは12月まで続けられる。

BANG Japan

◆BARKS洋楽チャンネル
この記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス