X JAPAN、韓国公演では「アリラン」をプレイ

ツイート
X JAPANのアジアツアーの幕が切って落とされた。開演目前となって北京公演が中止になるというという憂うべき事態に巻き込まれ、出鼻をくじかれたX JAPANではあるものの、今を思えばこれしきのトラブルは蚊に刺されたようなもの。解散、メンバーとの別離、再開、再起、故障…と様々なトラブルと永遠に解決できそうもないこじれた問題を抱えながらも、全ては進むべき信じる道を一歩ずつ突き進み、自らの手で解決してきた彼らの牽引力と固い結束は、今や何を持っても揺れ動くものではなくなっている。

現地時刻10月28日(金)、韓国ソウル市内のオリンピック・ジムナスティック・スタジアムにてX JAPAN東南アジアツアーの初日公演がスタートを切った。韓国は過去にも公演が3回予定されていたが、ギリギリのところでキャンセルになっていたという経緯がある。北京公演中止のアナウンスも耳に入っていたことだろう中で、韓国のファンにぬぐい切れぬ不安を一掃するべく、X JAPANの公演に結集した現地メディアのカメラは実に100台に及んでいた。異常と言えるほどの注目度の高さを持って、この日を迎えたことになる。

1万人の観客を前に、YOSHIKIのピアノソロとドラムソロでは「エリーゼのために」と韓国の伝統的民謡局「アリラン」が披露された。思わぬサプライズとX JAPANの韓国のオーディエンスに対する気持ちがそのまま会場に浸透していく。「WE ARE… WE ARE…!」と叫びながらYOSHIKIはアリーナを後方まで1周するというサービスもみせ、オーディエンスは大きな盛り上がりをみせた。

TOSHI、YOSHIKIともに、長いフレーズも韓国語で披露、観客を驚かせた。「叫べー」と韓国語で問いかけるTOSHIに、観衆も真正面から全身で応えていく。

本編最後となった「I.V.」が終わり、凄まじいXコールでアンコールを待つファンの前に登場したYOSHIKIは、韓国の伝統衣装チマチョゴリ姿でTOSHIに抱えられて登場。アンコールの「ENDLESS RAIN」をプレイする前に、生前「HIDEと韓国で公演をしたいと話していた」ことを明かし、「今日はステージにTAIJIとHIDEも一緒にいる。日本は先日地震があったけど、韓国をはじめ東南アジア、世界中の人たちが助けてくれた、本当にありがとう、カムサハムニダ」と、我々日本人の思いを代弁、大きな歓声の中、「ENDLESS RAIN」と「ART OF LIFE」をパフォーマンス、大団円を迎えた。

ソウル公演を大成功に終わらせ、素晴らしい<東南アジアツアー>のスタートを切った彼らは、10月29日上海に上陸、現地にて記者会見を行う予定だ。

<東南アジアツアー@韓国「オリンピック・ジムナスティック・スタジアム」2011年10月28日>
1.JADE
2.RUSTY NAIL
3.SILENT JEALOUSY
4.DRAIN
5.KURENAI
6.BORN TO BE FREE
7.I.V.
8.X
Encore
9.ENDLESS RAIN
10.ART OF LIFE

<X JAPANアジアツアー>
10月28日(金)ソウル(Olympic Park Gymnastics Stadium)
10月30日(日)上海(Shanghai Grand Stage)
11月4日(金)香港(Asia World Expo)
11月6日(日)台北(TWTC Nangang Exhibition Hall)
11月8日(火)バンコク(Impact Arena)

◆X JAPANオフィシャルサイト
◆YOSHIKI オフィシャルツイッター
この記事をツイート

この記事の関連情報