ももいろクローバーZ、女性限定ライヴで自己最長公演時間更新。「やっぱり女子って強いんだね!」

twitterツイート

5人組のガールズユニット・ももいろクローバーZが、10月30日に、渋谷のShibuya O-EASTで自身初となる女性限定ライヴ<ももクロ女祭り2011>を行なった。

◆ももいろクローバーZ 画像@2011.10.30<ももクロ女祭り2011>

今回の女性限定ライヴのチケットは、発売と当時に1000枚が即完売。当日は観客だけでなくスタッフや関係者も女性に限定(やむを得ず参加する男性スタッフは、頭に大きなリボンを着用)し、文字通り“男子禁制”の女祭りとなった。

女性であふれた会場は、当たり前ながら、普段とはひと味違う華やかな雰囲気。ライヴは<女祭り>にふさわしく、法被風の衣装にねじり鉢巻を模したヘッドアクセサリーをつけたメンバーが、大太鼓を叩くパフォーマンスでスタート。シングルナンバー「ミライボウル」「ピンキージョーンズ」「Z伝説 ~終わりなき革命」などの他、11月23日にリリースするニューシングル「労働讃歌」もライヴでは初披露された。

また、終盤のブロックでは、百田夏菜子が、「女の子たちが好きそうな曲を最後のブロックにもってきました。みなさん、楽しんでください。」のMCとともに、「オレンジノート」などキュートなナンバーを3曲続けて披露。また、メンバーのソロコーナーでは個性を生かしたパフォーマンスもあり、ソロ5曲を含めた全25曲をパワフルにパフォーマンスした。

さらに、ライヴの合間には「ももクロ・ガールズコレクション(MGC)」と題して「スピンズ」「ビームス」「ギャラクシー」という3つの人気ファッションブランドとタイアップしたガールズコレクションも行なわれ、メンバーがモデルとして出演。ももクロの衣装とは違う普段着に身を包み、ステージ中央から客席に伸びたランウェイをモデルウォークすると、客席からは「かわいい~!」と歓声があがった。他にもファッションやヘアスタイルの話題で会場は大いに盛り上がり、「女の子だけにしか話せない内緒話」のコーナーでは、女性の悩みにメンバーが個性的なアイデアで返答、客席からの声にも返事するなど、ガールズトークが繰り広げられた。メンバーは女性ばかりの客席に嬉しそうな顔を見せ、客席から名前を呼ばれると笑顔で手を振ってみせた。

アンコールも含めるとトータルで4時間にも及ぶという、ももクロ史上、ライヴ時間最長記録を更新した今回のイベント。「やっぱり女子って強いんだね!(高城れに)」とメンバーもガールズパワーを再確認。「アンコールでもみんなの声が聞こえて、長い時間(ライヴが)できて幸せでした。一生忘れません!(れに)」「女祭り、すごく楽しかったです。女の子でよかったなと思いました(佐々木彩夏)」「女の子だけだと雰囲気が全然違って、また新しい楽しみが増えました(玉井詩織)」、そして、ファンの声援に涙を見せた有安杏果は「これ以上泣かすなよー! 今、私が持っている力は出し切りました。こんなに涙を見せたのは初めて。男の子には内緒ね。」と、それぞれコメント。そして夏菜子は「どこを見ても女の子しかいないなんて不思議。もっと女の子の声をたくさん聞きたいので、またこういうライヴをやりましょ! ファンのみなさんをふくめて……ももクロっていいなーと思いました!」と締めくくった。

なお、ももクロちゃんたちは、11月6日には、男性限定ライヴ<ももクロ男祭り2011>を開催。また、今回の<女祭り>と<男祭り>をあわせて、ライヴDVDとしてリリースされることも発表された。

◆ももいろクローバー オフィシャルサイト
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

amazon
amazon