DJ OZMAが復活し、氣志團と直接対決。負ければ氣志團解散か

ツイート
メジャーデビューして10周年を迎える氣志團が、ファンとともに大事にしてきた“127”という数字、12月7日に10周年記念シングル「MY WAY」をリリースする。

◆氣志團、DJ OZMAのアーティスト画像、「MY WAY」、「珍魂歌」ミュージックビデオ

この楽曲はフランク・シナトラの「MY WAY」をパンクロックバージョンにアレンジしたもの。元・セックスピストルズのメンバーで21歳で夭折したシド・ヴィシャスの歌を耳にした時から同曲のカヴァーを夢見ており、2009年の活動再開時から氣志團はライヴの最後の曲として同曲を使用。ファンの間ではCD化が熱望されていた。

ところで、氣志團がデビュー10周年を記念して敢行している対バンツアー<極東ロックンロール・ハイスクール>。この千秋楽12月21日に、最後の対決相手として氣志團が挑戦状を叩き付けたのがDJ OZMA。そんなDJ OZMAが、あえて氣志團の10周年記念シングル「MY WAY」発売日、12月7日に3年ぶりとなるCD対決を挑んできた。

今の日本を元気にすべく、氣志團の挑戦を受けて立ったDJ OZMAが、今回は恵比寿マスカッツをしたがえて彼の代表曲である「アゲ♂アゲ♂EVERY☆騎士」を彷彿とさせるパーティーチューンの楽曲「珍魂歌」で勝負に挑む。恵比寿マスカッツが、なでしこJAPAN、KARA、少女時代、AKB48に扮したミュージックビデオは必見だ。

「もう引退して3年も経つこの俺を担いでツアーのファイナルをやらなきゃいけないなんて、氣志團もいよいよヤバいな……翔くんの時代はもう終わったし、もう旧いんだよ。だから、この俺が氣志團の止めを刺す事に決めたんだ。12月7日にリリースするらしいけど、俺の方がセールスで勝利したら、氣志團には潔く解散してもらうぜ!!」── DJ OZMA

12月21日に行なわれる氣志團 vs DJ OZMA最終決戦は“お台場決戦”と銘打ってZepp Tokyoで開催される。DJ OZMAが本格的に復活するのか、氣志團が10周年の節目で解散に追い込まれるか、注目の一戦となることは間違いない。


◆氣志團 オフィシャルサイト
◆DJ OZMA オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報