ロジャー・ウォーターズ、“THE WALL TOUR”の北米公演の日程をアナウンス

ツイート

ロジャー・ウォーターズが、バンドの1979年のクラシック・アルバム『ザ・ウォール』をベースにしたスタジアム・ライヴ・ツアーを再び2012年に北米で行うことを発表。2012年5/11のヒューストンを皮切りに、7/14のフィラデルフィアのシチズン・バンク・パークでの最終日までトータル36公演をこなす。

ピンク・フロイドが『ザ・ウォール』のアルバム・ツアーを初めて行ったのは1980年から1981年にかけてで、ウォーターズは2010年9月から2011年7月にかけてフルのバック・バンドを従えて同ツアーを再現。全120公演で1億9,100万ドル以上ものグロス興行収入をたたき出している。

このツアーは2012年1月にはオーストラリアで、3月には南アフリカで公演を行うことになっており、5月に北米へ戻りトータル36公演へと突入する。ステージにはウォーターズを筆頭に、ギタリストのデイヴ・キルミンスター、ギタリスト兼ベーシストのGE・スミス、キーボーディストのジョン・カリン、オルガン奏者のハリー・ウォーターズ、ドラマーのグラハム・ブロードなど、多彩なミュージシャンが顔を揃える。

ライヴ・ネーションがプロモーターを務める来年のこの北米ツアーでは、サンフランシスコのAT&Tパーク、バンクーバーのBCプレイス、シカゴのリグレー・フィールド、フィラデルフィアのシチズン・バンク・パークなど、複数のスタジアム・ライヴも敢行する。

チケットのセールスは10/31(月)よりLiveNation.comでスタートしている。

◆ニュース提供:ビルボード
◆BARKSビルボード・デイリーニュース・チャンネル
この記事をツイート

この記事の関連情報