[2011楽器フェア速報]折りたためて元に戻してもチューニングが狂わないギター

ツイート
“ギターをより持ち運びやすくするにはどうするか?”。この命題、実はギタリスト共通の悩み。特に混み合う電車移動の人にとっては楽器の持ち運びは憂鬱。トラベルギターや持ち運びしやすいケースなど、試行錯誤が重ねられてきたが、このVoyage-air Guitarは今までありそうでなかった“折りたたむ”という発想でギターを製作。アコースティックのシリーズは少しずつ店頭に出ているので見たことのある人も増えているだろう。最近ではさだまさしやアルフィーの坂崎幸之助さんといったアコースティックギターをメインに使うアーティストにも使用され、そのユニークな設計だけでなく、音も良いと評判だ。


現在、アコースティックは主に3段階にクラス分けされており、6万円程度の合板のものから1クラス上のトップのみ単板のもの、そして最上位のオール単板が16万程度の価格設定がある。

折りたたんだ後に元に戻してもほぼチューニングも狂わず、専用のバックに収納されて背負う姿はどうみてもギターに見えない。0フレットが打たれており、ピッチも良くローポジションのコードワークも軽く押さえられるので演奏性も良い。一見キワモノギターのようだが、まず音が良いことを念頭に開発しているので、ネックが折れる点はサウンドの善し悪しとはもはや関係していない。家で高級なギターを弾き、ちょっとしたライブやリハーサルにはこのVoyage-air Guitarでという人も増えて来るだろう。

またエレキギターのラインアップが今までの1モデルからさらに2モデル追加される。アルフィーの高見沢俊彦氏はすでにステージで利用しているということだが、楽器フェアではフロントとリアにシングルピックアップを搭載したモデルが披露されておりこれから店頭に並ぶ予定。さらにテレキャスターシェイプのモデルも追加されるとのこと。

会社でギターがはばかれるサラリーマンギタリストは必見だ。

◆Voyage-air Guitar
◆楽器フェア オフィシャルサイト
◆BARKS 楽器チャンネル
この記事をツイート

この記事の関連情報