[2011楽器フェア速報]注目のBOSSエフェクター「BC-2」「FB-2」「RC-300」

ツイート
毎年楽器フェアでは大人気のローランドブース。ボスのコンパクトエフェクターはもはや定番の人気コーナーだ。

新製品としては、スタックアンプの質感を再現したST-2に対するように発売されたコンボドライブ「BC-2」。まさにコンボアンプの箱鳴り感、弾き心地を表現している実用的なエフェクターだ。

もうひとつ、ぜひ紹介したいのはフィードバッカー/ブースター「FB-2」。コンプレッサー系のエフェクターで普通にオンしている時は、ブースターとして歪みを変えずに音量をアップさせるブースターとしての機能を持っている。しかし、このペダルをホールドすると、フィードバックを発生させるという飛び道具的なエフェクターとしても使える、ちょっと尖った機能が要注目。毎回スタンダードなものの中に実験的なエフェクターも織り交ぜて発表してくるボスのエフェクターの伝統を踏襲した面白い効果を生むタイプのエフェクターだ。


もう一つ、この11月末に発売予定の人気のループステーションシリーズの新しいフラッグシップモデル「RC-300」も初披露されている。簡単に説明すると先に今年発売された「RC-30」の機能を独立して3つ持たせ、さらにエフェクト効果も16種類。さらにはエクスプレッションペダルを装備して、リアルタイムで効果をコントロールできるというシロモノ。

楽器フェアでの会場ではギタリストのみならず、ソロパフォーマンスをする人たちに関心が非常に高い。またパフォーマンスだけでなく、作曲や練習などにも、コード進行をループさせてメロディを考えたり、ひとつのモチーフから逆にハーモニーを考えたりと多用な使い道が想定できる。

◆楽器フェア オフィシャルサイト
◆ローランド
◆ボス
◆ローランド チャンネル
◆BARKS 楽器チャンネル
この記事をツイート

この記事の関連情報