[2011楽器フェア速報]新製品多数!試奏者が後を絶たないヤマハ

ツイート
楽器フェア最大のスペースを誇るヤマハのブース。ギターやシンセ、ピアノ、ドラム、管弦楽器などジャンルの幅広さも髄一で、試奏者の数もかなりのもの。


▲(写真:左)シンセのMOTIFシリーズは、エディターソフトやコントローラーソフトをインストールしたiPadとともに展示。(写真:右)ステージピアノのCPシリーズやSシリーズもフルラインナップでスタンバイ。


▲(写真:左)エントリーモデルのMM6/MM8やMOXシリーズも人気のシンセサイザー。(写真:右)電子ドラムのDTXシリーズも多数用意。ドラマーがひっきりなしに訪れ撮影も一苦労。


▲(写真:左)スタインバーグのCubaseシリーズはオーディオインターフェイス、コントローラー、キーボードKXとともに展示。(写真:右)デザインも魅力のCubase用USBコントローラーの新製品CMCシリーズは6機種すべてがチェックできる状態。


▲(写真:左)テノリオンは、ハードウェア版の2機種とともにiPad版も展示。試奏の人気はハードウェア版。(写真:右)サイレントシリーズも試奏者の人気を集めているシリーズ。ブース内では随時ライブが見られる。

このほか、エレクトーン、STAGEAシリーズ、D-DECK、管弦楽器、ピアノも非常に多くのモデルが展示されているヤマハのブース。ブラスバンド、オーケストラ系のプレーヤー人口の多さが実感できる盛況ぶりだ。




通常展示とは別に、イベント会場C11ではヤマハ・ベーゼンドルファープレミアムピアノ試弾会を実施。ヤマハコンサートグランドCFシリーズ、グランドピアノSシリーズ、ベーゼンドルファー290インペリアルがずらり。これだけのラインナップが見られるのも楽器フェアだけだろう。


◆ヤマハ
◆楽器フェア オフィシャルサイト
◆BARKS 楽器チャンネル
この記事をツイート

この記事の関連情報