[2011楽器フェア速報]フックアップに妖艶なルックスのベースが出現、コンパクトなアコギ用プリアンプやEQも

ツイート
フックアップのブースで目立っていたのが新登場となるTRABENのベース。ブリッジ一体型の炎のような形の大きなインレイが目を引くが、これは見た目のインパクトだけでなく、音にも影響があるのだそうだ。

試奏する人が多かったのが、アコギ用のコンパクトなプリアンプ「pocket tools」。プリアンプとなる「dual mix」と、イコライザーとなる「colourizer」の2つがあり、これはAERブランドのアコギ用アンプからそれぞれプリアンプとイコライザーを抜き出したものだ。どちらも3~4万円前後でまもなく発売される予定とのことだ。


▲(写真:左)TRABENのベース。ブリッジが広い面積でボディに接するため、サスティンが伸び、音が強くなるのだという。(写真:右上)左がイコライザーの「colourizer」、右がプリアンプの「dual mix」。サイズは一般的なダイレクトボックス程度。(写真:右下)そのほか、Originや、ソフトシンセとキーボードの組み合わせで使うANALOG EXPERIENCEシリーズ(61鍵モデルも登場:下段)など、Arturiaのシンセサイザー製品がずらり。
この記事をツイート

この記事の関連情報