ビースティ・ボーイズのアドロックが父の作品でブロードウェイ進出

ツイート
ビースティ・ボーイズのアドロックがブロードウェイの舞台に向けて、音楽制作を行なっている。アドロックは今回自身の父が脚本を担当したオフ・ブロードウェイの舞台『グロスター・ブルー』の音楽で、新たな境地を開くことになった。報道によると、『グロスター・ブルー』は長い間留守にしていた家に舞いもどった男が、あらゆる不貞と殺人を偶然知ってしまうというブラック・コメディだという。

このベアフット・シアター・カンパニー主催の作品は11月16日から12月3日までの3週間に渡って、ニューヨーク市内にあるチェリー・レーン・シアターにて上演される予定だ。

そのアドロックは、先日『ジャスト・デザート』という料理番組に出演するなど、最近活動の幅を広げている。

BANG Japan

◆BARKS洋楽チャンネル
この記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス