ジェニファー・ロペス、怪盗カルメン・サンディエゴ役へ

twitterツイート
ジェニファー・ロペスがコンピューターゲームからテレビアニメ化された『怪盗カルメン・サンディエゴ』の映画版に出演するようだ。同映画のプロデュースも務める予定のジェニファーは、本当はヒーローなのかそれとも悪党なのか見極めようとする元パートナーに追い詰められる世界最高の怪盗であり、ACME探偵事務所で働く主人公カルメン・サンディエゴを演じることになると報じられている。

ジェニファーの製作会社ニューヨリカン・プロダクションのベニー・メディナとサイモン・フィールズ、そしてアンダーグラウンド・フィルムのニック・オズボーンとトレヴァー・エンゲルソン、デヴィン・アンドレもまた、ジェニファーと共にプロデュースを手掛けるようだ。

ウォルデン・メディアが出版社ホートン・ミフリンから映画化の権利を購入しており、同社のCEOであるマイケル・ボスティック氏と副社長のエヴァン・ターナー氏による監修の元で企画が進められるという。

そんなジェニファーは、ジェイソン・ステイサムとの共演作『悪党パーカー』をこのところ撮影しており、同作品でも犯罪者を演じている。同映画で監督を務めるテイラー・ハックフォードはジェニファーの役どころについて「小さな窃盗が実は自分の切り札になると見出す不動産業者を演じる」と説明している。一方、共演者のジェイソンは、お金が必要だという人たちからは決して盗まないが、必要な時には殺人もいとわない自分なりの犯罪流儀を持つ窃盗犯を演じている。他にもパティ・ルポーンやエマ・ブース、マイケル・チクリス、ウェンデル・ピアース、そしてクリフトン・コリンズ・Jrが同作品に出演している。

BANG Japan

◆BARKS洋楽チャンネル
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報