スーザン・ボイル、全英チャートの歴史を塗り替え

ツイート
デビュー・アルバム『夢やぶれて』とセカンド・アルバム『ザ・ギフト~夢の贈りもの』が共に全米全英チャート初登場1位を獲得し、1年以内にアメリカとイギリスにおいて2作連続して共に第1位を獲得した初めてのソロ・アーティストとなったスーザン・ボイルだが、2011年11月7日にリリースされたサード・アルバム『誰かが私を見つめている』によって、またまた新たな記録が叩き出された。

◆スーザン・ボイル画像

『誰かが私を見つめている』が本国イギリスで初登場第1位に輝き、これによりスーザンは、UKアルバム・チャートでわずか2年以内の間にデビュー以来3作品が連続して第1位を獲得したという、史上初の女性アーティストとなったのだ。また、米公式チャート65年の歴史の中でも、アルバムの発売週に3作連続して初登場1位を記録した女性ソロ・シンガーもスーザンが初めてのこと。

「信じられないほど素晴らしいニュースです!とても嬉しいことですし、興奮すると同時に、とにかく驚いています。私のためにご尽力くださった皆さんに心からありがとうとお伝えしたいです。2009年にデビューしたときは、まさかこんなことが自分の身に起きるとは全く思ってもいませんでしたから。一つだけ言えることは、今夜私がシャンパンを開けて祝うことは確かだということです。本当に素晴らしいことです。ワオ!」──スーザン・ボイル

「本当にものすごく嬉しいです。彼女はまさにスーパースターだね。とても誇りに思うよ」──サイモン・コーウェル

『誰かが私を見つめている』では、映画『ゴースト/ニューヨークの幻』主題歌として大ヒットした「アンチェインド・メロディ」(ライチャス・ブラザーズ)をはじめ、「青春の光と影」(ジョニ・ミッチェル)、「ライラック・ワイン」(ジェフ・バックリー)、「狂気の世界」(ティアーズ・フォー・フィアーズ)など多彩な楽曲がスーザン自身の選曲により収録されている。オリジナル楽曲も2曲収録した美しいアルバムだ。

『誰かが私を見つめている(Someone To Watch Over Me)』
2011年11月2日発売(USは11月1日発売、UKは11月7日発売)
初回盤(CD+DVD)SICP-3297~98 \3,500(税込)
通常盤(CD)SICP-3299 \2,800(税込)
1.ユー・ハフ・トゥ・ビー・ゼア
2.アンチェインド・メロディ
3.エンジョイ・ザ・サイレンス
4.青春の光と影
5.ライラック・ワイン
6.狂気の世界
7.オータム
8.ディス・ウィル・ビー・ザ・イヤー
9.リターン
10.誰かが私を見つめている
11.上を向いて歩こう/THE FIRST STAR ※日本盤ボーナストラック
12.第三の男のテーマ(ヱビスビール「春のオーケストラ」篇TVCM曲) ※日本盤ボーナストラック
DVD(初回盤のみ)
1.ユー・ハフ・トゥ・ビー・ゼア
2.アンチェインド・メロディ
3.ディス・ウィル・ビー・ザ・イヤー
4.パーフェクト・デイ

◆スーザン・ボイル・オフィシャルサイト
◆BARKS洋楽チャンネル
この記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス