U2『Achtung Baby』を豪華アーティストがカバーしたアルバム、全世界で配信開始

twitterツイート

ロック史に燦然と輝くU2の名盤『Achtung Baby』が、20年の時を経て、豪華アーティストのカバーにより、リニューアルされた。

ナイン・インチ・ネイルズ、ジャック・ホワイト、デペッシュ・モード、ガービッジ、キラーズらアーティストたちが、20年前の1991年にリリースされたU2の代表作とも言える『Achtung Baby』をカバーしたトリビュートアルバム。それが『(Ahk-toong Bay-Bi) Covered』だ。

それまでのオーソドックスなロックから、エレクトリック、テクノビートを取り入れたアグレッシブなサウンドへと変貌を遂げたU2の名盤『Achtung Baby』は、5曲のシングルヒットを含む、バンド通算7枚目のアルバム。今回のトリビュート盤『(Ahk-toong Bay-Bi) Covered』では、オリジナルに収録の12曲を、U2が強い影響を受けているパティ・スミスや、同時代を代表するデペッシュ・モード、U2に影響を受けたスノー・パトロール、ザ・フレイ、ともにエレクトロニック・ロックを浸透させたナイン・インチ・ネイルズ、ガービッジなど、バラエティーに富んだアーティストがカバーする。

また、「Even Better Than the Real Thing」はJacques Lu Cont(スチュアート・プライスの変名)によるリミックスを収録。さらに、映画『ゲット・ラウド』でエッジと共演したジャック・ホワイトが、オルガンでアレンジした「Love Is Blindness」でアルバムのラストを飾る。

iTunes Storeではさらに、オリジナルのU2『Achtung Baby』も、リリースから20周年を記念して、iTunes専用マスタリング“Mastered for iTunes”を施し、Bサイドなど14曲をボーナス・トラックとして収録したデラックス・アルバムとして限定配信している。

◆iTunes Store『(Ahk-toong Bay-Bi) Covered』(※iTunesが開きます)
◆BARKS 洋楽チャンネル
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報