シガー・ロス最終ライヴ、被災地映画館「朝日座」で1日限りの上映

ツイート
東日本大震災の被災地である南相馬市の映画館「朝日座」で、シガー・ロスの活動休止直前のライブ映像の無料上映会が2011年12月4日(日)の1日限りで開催される。震災の傷跡のみならず原発の影響もあり、半ば崩壊している南相馬市の商店街の活性化を祈り願って開催される、思いの詰まった無料上映会イベントだ。

現在は解除されたものの、一時期は原発30キロ圏内で「緊急時避難区域」の指定を受けていた南相馬市原町区、その原町区に88年の歴史と市民の思い出が詰まった映画館「朝日座」がある。往年はトリュフォー、ミケランジェロ・アントニオーニやエミール・クストリッツァなど、地方の映画館でありながら芸術性の高い作品も流して続けて来た名画座のひとつとして、地域の人々に愛されてきた映画館だったが、1991年その役目を終え閉館となっていた歴史を持つ。

戦後は「復興祭」を開催し、戦中は禁止されていた洋画等を流し市民に娯楽の喜びを提供してきたというエピソードを持つ映画館でもあり、今回の震災後も、多くのNPOの協力を得ながら避難生活を強いられた市民への娯楽の提供と再会の場として、今もなお活躍し愛されている会場でもある。

朝日座がある周辺の商店街は、市民が半分ほどに減ってしまっている。が、市民のみんなは復興を目指し日々頑張って営業をしている状況だ。そんな「朝日座」での「シガーロス INNI」無料上映会、足を延ばせる人は、この素晴らしいイベントへ参加してみてはいかがだろうか。

「シガーロス INNI」無料上映会
2011年12月4日(日)
1回目:13時~
2回目:15時~
※上映時間75分
※7m×3.5mの大スクリーンにプロジェクターを使用して上映。
主催・朝日座を楽しむ会
協力・Hostess Entertainment
[問]info@asahiza-yoake.sakura.ne.jp

◆イベント・オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報