フィージン、オペラシティで熱唱

ツイート
話題のポペラ(POP+オペラ)歌手、フィージンのソロ・コンサート、日韓東日本大震災被災地子ども支援×日本における難民子ども支援コンサート<Whee Jine Concert in Autumn,2011 ただ愛のために>が11月14日東京・オペラシティにて開催となった。

◆『ただ愛のために/10月のある素敵な日に』紹介映像

11月9日に日本デビュー・シングル「ただ愛のために/10月のある素敵な日に」をリリースしたフィージンだが、これだけ巨大なホールでのソロ・コンサートがCDデビューを前に決定していたのはクラシック系アーティストとしては異例中の異例であった。このコンサートには、藤原道山(尺八)や大萩康司(G)など著名アーティストたちがゲスト出演、オペラシティーには満員の約1,400名のファンが詰めかけていた。

大きな拍手で迎えられ登場したフィージンは、「私を泣かせてください~オペラ「リナルド」より」からコンサートをスタート。第1部では8曲、第2部では9曲を披露し、本編の最後には、日本デビュー・シングル「ただ愛のために」を披露。持ち前のやさしくて力強い感動的な歌声で会場を魅了すると、アンコールでは以前被災地で子供たちと一緒に歌った思い出の曲「シャボン玉~ふるさと」を、本日の出演者全員とともに披露し、大歓声の中コンサートを締め括った。

このコンサートの収益の一部は東日本大震災で被災された子どもたち、日本における難民の子どもたちを支援するために使われる。


「ただ愛のために/10月のある素敵な日に」
2011年11月9日発売
TOCP-45001 \1,200(税込)
1.「ただ愛のために」(日本語)(作曲:清岡千穂 編曲:渡辺俊幸 作詞:松井五郎)
2.「10月のある素敵な日に」(オリジナルはシークレット・ガーデン/訳詞:韓国語)
※テレビ東京系「美の巨人たち」エンディング・テーマ
3.「シャボン玉~ふるさと」
4.「ただ愛のために」(カラオケ)

◆フィージン・オフィシャルサイト
◆BARKS アジアンアーティスト チャンネル
この記事をツイート

この記事の関連情報