2011年11月22日、金沢・いしかわ総合スポーツセンターにてエアロスミスのジャパン・ツアーが開幕を迎えた。場内を埋め尽くした5,000人のオーディエンスに向けて、まず最初に披露されたのは「Draw the Line」。新旧を織り交ぜながらの演奏はアンコールも含めて2時間以上に及んだ。詳しい内容については下記セットリストをご参照いただきたい。彼らのツアーにおいては演奏メニューが日々変わっていくのが当たり前。こうした情報もいわゆる“ネタバレ”にはならないはずである。

◆エアロスミス画像

この金沢公演は、今回のツアーのなかでも最小規模のものとなったが、アンコールに応えてステージに登場した際、スティーヴン・タイラーは「小さな会場ならではの親密な空気感。何よりもそれが素晴らしかった」と、満足げな表情で感謝の言葉を客席に投げかけていた。このサイズのスポーツ・アリーナを“小さな会場”と呼んでしまうあたりもすごいが、実際、場内を包んでいた一体感には特筆すべきものがあったし、金沢を最初の公演地に選んだことはバンドにとって正解だったといえるはずだ。演奏内容の充実ぶりについては改めて言うまでもない。近年にはバンドの存続が危ぶまれるようなお家騒動もあった彼らだが、そんな事実があったこと自体が信じ難いほどのライヴだった。

こうして幸先のいいスタートを切ったこのツアーは今後、広島、東京、福岡、大阪、名古屋と展開され、12月10日、札幌で着地点を迎えることになる。長年このバンドを愛し続けてきたコアなファンはもちろんだが、この機会に是非、これまでAEROSMITHのライヴを味わったことのなかった人たちにも、この“最強のライヴ・バンド”のステージを体感して欲しいところだ。そして今回の彼らの滞在中、このバンドにまつわるさまざまなエピソードや周辺情報を継続的にお届けしていくつもりでいるのでお楽しみに。

増田勇一

<エアロスミス日本公演 2011年11月22日(火)@いしかわ総合スポーツセンター>
1.Draw the Line
2.Love in an Elevator
3.Jaded
4.Pink
5.Janie's Got A Gun
6.Livin' on the Edge
7.Lord Of The Thighs
8.Amazing
9.No More No More
10.What It Takes
11.Last Child
12.Red House
13.Combination
14.I Don't Want To Miss a Thing
15.Cryin'
16.Sweet Emotion
-Encore-
17.Home Tonight~ Dream On
18. Train Kept A-Rollin'
19. Walk This Way

◆UDOオフィシャルサイト