<ハロー!プロジェクト☆フェスティバル2011>にファン殺到し、会場を埋め尽くす

ツイート

13時過ぎ。快晴の空の下、男性、女の子同士、親子連れなど多数のファンが会場を埋め尽くしていた。まさに壮観の一言。メンバーが、スタッフが、ファンが、ハロー!プロジェクトを愛する者すべてが見たかった光景が、そこには広がっていた ──。

◆ハロー!プロジェクト モベキマス画像@<ハロー!プロジェクト☆フェスティバル2011>

11月23日、よみうりランドEASTにて、モーニング娘。、Berryz工房、℃-ute、真野恵里菜、スマイレージからなるハロー!プロジェクト モベキマスが、シングル「ブスにならない哲学」リリースを記念したイベント<ハロー!プロジェクト☆フェスティバル2011>を開催した。

鉄壁の雨系女子(いわゆる“雨女”)がそろっているモベキマスということで、一週間前の週間天気予報によれば、この日は降水確率は40%とされていた。しかし、イベント開催日が近づくに連れて、降水確率はじょじょに下がっていき、当日は朝段階で降水確率10%。開演時には、太陽も顔を出す暖かな日差しとなった。

ファンをして“全国同時多発ハロ”と呼ばれた全国一斉イベントを経ての<ハロー!プロジェクト☆フェスティバル2011>。イベントスタート前から、1万人の大歓声が会場を包みこむ。

開演時間を少し遅れて、イベントは各ユニットによる新曲メドレーからスタートする。スマイレージ、真野恵里菜、℃-ute、Berryz工房、そしてモーニング娘。のメンバーがステージに登場すると、地響きにも似たような大声援。見渡すかぎりのファンの姿に、モーニング娘。新リーダーの新垣里沙も嬉しそうだ。

「さぁ、『ブスにならない哲学』発売記念イベント<ハロー!プロジェクト☆フェスティバル2011>にようこそ! ハロー!プロジェクトモベキマスです!」

自己紹介では、スマイレージ・福田花音の伝家の宝刀(?)“シンデレラレボリューション”が、1万人のオーディエンスおよびBerryz工房・熊井友理奈に炸裂。さらに、新垣里沙が大切なところで噛んでしまう姿に、偉大なるモーニング娘。前リーダー・高橋愛が残していったモーニング娘。としての“伝統”を感じさせつつ(?)、ハロー!プロジェクトのテーマソングのひとつともいえる名曲「ALL FOR ONE&ONE FOR ALL」を全員でパフォーマンス。このあたりで気づいたファンも多いと思うが、今回のイベント、ハロプロエッグも登場し、実に全14曲(新曲メドレーをひとつと数えると)というライヴ並のセットリストとなっていた。

さらに、あらかじめ告知されていた光井愛佳がステージに姿を見せる。足の怪我で療養中の光井。9月に日本武道館で開催された高橋愛の卒業公演では、松葉杖および車椅子姿での出演だったが、この日は、補助器具も使わずに歩いて登場する。

手を振って「やっほー」と笑顔の光井は、「久しぶりにみなさんの声が聞こえてすごく感動しております。そして私、このように歩けるようになりました!」と、ステージを軽く歩く。「まだまだみなさんの歩くスピードにはかないませんが、ゆっくり歩けることがすごく嬉しいです。リハビリを頑張れる勇気をもらいました。早く、リハビリを頑張って新生モーニング娘。に加われるように頑張りますので、みなさん、もう少しお待ちください。」と宣言すると、オーディエンスからは「待ってるよ!」の声。光井もまた、順調に回復しており、完全復帰に向けて頑張っている。そんな嬉しい報告が本人の口から届けられた瞬間だった。

光井愛佳の曲振りから、10期メンバー加入後初となるモーニング娘。のパフォーマンスは、「LOVEマシーン」でスタート。モーニング娘。の物語を語る上で外せない、モーニング娘。の人気を決定づけたこの曲。奇しくも現在、安倍なつみをはじめとした卒業生たちがドリーム モーニング娘。を結成して、ライヴで同曲を披露しているが、同じ「LOVEマシーン」をパフォーマンスすることで、卒業生たちとは違う、進化し続けるモーニング娘。の最新の形をファンに提示した。

モーニング娘。のパフォーマンスの後には、こちらも今回のイベントの目玉のひとつ、スマイレージの登場だ。彼女たちは、12月28日リリースの、ライヴ初公開の新曲「プリーズ ミニスカポストウーマン!」と、「スキちゃん」を披露。新しいスマイレージの物語の始まりを告げるような可愛い新曲では、何より10月に正式加入をはたした2期メンバー4人のアイドルとしての成長の早さに驚かされた。そして同時に、12月末をもってスマイレージおよびハロー!プロジェクトから卒業を発表している前田憂佳の姿を目に焼き付けたファンも多かったはず。大盛り上がりとなった「スキちゃん」のラストは、スタッフの計らいか、前田憂佳の笑顔がバックのスクリーン全面に映し出されていた。

「よみうりランドといえば、私たち初期メンバーは、あそこにあるバンジージャンプ飛んだの! すっごく怖いよ! だから新メンバーも、休みの日に来て、飛んでね! よろしくお願いします。」と、スマイレージのリーダー・和田彩花からのお願いなんだかよくわからない、いつもどおりの思いつき的なムチャ振りを4人の新メンバーは引き気味のぎこちない笑顔で流しつつ、ステージは真野恵里菜へと引き継がれる。
この記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス