映画『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』テーマを布袋寅泰がプレイ

twitterツイート

映画『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』が12月16日(金)に日本公開となるが、布袋寅泰と「ミッション:インポッシブル」のコラボ楽曲が使用されたTV-CMが完成、公開となった。

◆映画『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』スペシャルTV-CM(布袋寅泰バージョン)

ハリウッドのプロデューサー陣も絶賛しているという今回のコラボは、布袋寅泰に本作のメインテーマをプレイしてもらうというもの。実際に曲をアレンジするにあたり、布袋寅泰は「『ミッション:インポッシブル』のテーマは、映画ファンだけに止まらず、多くのファンに愛されている名曲中の名曲なので、それを傷つける訳にはいかない。僕にこのミッションを与えて頂いたからには、やっぱり布袋色に染めたかった。」と語っていたが、ふたを開けば、いつものタイトでアグレッシブな布袋サウンドが唸るカッコ良すぎるサウンドが誕生している。

この最新布袋サウンドをバックに、作品の緊張感とスピード感をより駆り立てる布袋寅泰×ミッション:インポッシブルのコラボ映像もかなり刺激的なものだ。新しいシーンも盛りだくさんで、「ミッション」シリーズでの大きな特徴ともいえる“変装フェイスマスク製造”のバージョンアップしたマシンも確認できる。さらに、ジェレミー・レナー演じるブラントが使用する“アイカム・レンズ”(モニターの役割をするコンタクトレンズ)など新しいガジェットの登場に、シリーズのファンならずともニヤリとしてしまう仕掛けが満載だ。

また、布袋寅泰が12月1日(木)に六本木で行われる、トム・クルーズの来日イベントのスペシャルゲストとして登壇することも決定となった。トムの希望により世界各国を廻るワールドツアーのスタート地に選ばれた日本のイベントで、布袋寅泰による本楽曲の生演奏も予定されているとか。前作から5年、全世界が待ち望んだシリーズ最新作の世界で初めてとなるイベントだけに、映画ファンのみならず、世界中から注目を集めるイベントとなることだろう。

スパイアクション超大作『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』は12月16日(金)より全国超拡大ロードショーとなる。

『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』
12月16日(金) TOHOシネマズ日劇ほか全国超拡大公開
配給:パラマウント ピクチャーズ ジャパン
(C)2011 PARAMOUNT PICTURES. All Rights Reserved.
http://www.mi-gp.jp
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス