日本で唯一のレズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダー・アワードが開催

ツイート

2011年12月3日(土)、ビルボードライブ東京にて日本で唯一のLGBT(レズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダー)のアワード<Alfa Romeo presents Tokyo SuperStar Awards 2011>が開催された。「Tokyo SuperStar Awards」とは、社会とLGBTをつなぐ架け橋となった文化事業やプロジェクトに贈られるアワードとして2010年に設立されたもの。

第2回目を迎える今回のテーマは「あなたのニュースがスーパースターを呼ぶ!」と題し、2011年のLGBTの重大ニュースをインターネットを通して募り、投稿が多かったニュースの対象団体、個人に「Tokyo SuperStar Awards」が贈られた。

今回、特に推薦が多かったのは、レディー・ガガが怒りを爆発させイジメ防止への一連の行動をとった一件であった。彼女のファンだった14歳の少年が、同性愛者であることが理由のイジメを苦に自殺してしまったことを知ったレディー・ガガは、ツイッターで怒りのメッセージを発信し、オバマ大統領にもイジメ防止への対策を行うよう直訴。さらに、11月には子供たちのイジメを撲滅するための団体「ボーン・ディス・ウェイ財団」の設立を発表した。

この悲しい事件に対し、自身の知名度と影響力をフル活用して立ち向かうレディー・ガガの行動に、心を動かれた人が多かったようだ。

この日、受賞式にはMEGUMIやブルボンヌなどの豪華ゲスト陣もプレゼンターとして参加、華を添えた。

<Tokyo SuperStar Awards2011>受賞者
・海外賞:レディー・ガガ、米国ニューヨーク州 アンドリュー・クオモ知事
・カルチャー賞:「TOKYO BOIS!」
・特別賞:DREAMS COME TRUE
・メディア賞:GQ JAPAN 2011年4月号 特集「LGBTが世界を動かす」

なお、イベント収益金の一部は東日本大震災と未来を担う子どもをサポートするチャリティ団体へ寄付される。

◆参照記事:レディー・ガガ「いじめは違法にすべき」
◆「Tokyo SuperStar Awards」オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報