2011年12月10日、jealkbが品川ステラボールで<霧薔薇ノ月夜>ツアーファイナルを行った。

◆jealkb画像

公式サイトには、ツアーに参加するjealkbのファン“ジュアラー”のために、hideki振り付け動画が公開されていた。まさに、ファンと一緒に楽しむためのライブだ。また、毎回一人で参加するジュアラーを気遣う彼らだが、今回はリアルに「ジュアラー達のジャベリバ」を準備。「会場内物販コーナー向かいでジュアラーの皆様が交流できる場所をご用意させて頂きます」と告知されていた。シャベリバの様子を見ることはできなかったが、この心遣いは彼らならでは。

ライブは、今回もエンターテインメント性が高く、曲と曲の合間にはMCだけでなくVTRも。このメリハリのある構成は、ジュアラーへのおもてなしだ。初めて来た人には、隣の人がフォローしてあげるようになど、初心者ジュアラーにも居心地の良い場を作る。

そして、「super special summer」では、musumeがパワーアップ。hidekiのmusumeとその友達<musume's>が登場、ダンスで盛り上げる。

後半のMCでは、会場ステラボールにかけて、haderuがjealkbとジュアラーをライスボールにたとえる。しかしそれに、hidekiがつっこみを入れたために会場を飛び出すhaderu。ここからVTRへ。ドラマ仕立てのストーリーは、仲間の心の繋がりを伝える感動(?)的なものに笑いのスパイスを振りかけたもの。

会場にもどった彼らは「WILL」を歌い、本編ラストに、震災後前向きになれる曲をと作った「虹の橋」。<躯の奥に潜んでる勇気見つけて>という言葉がしみる。

「J・K・B!」コールを受けて、アンコールへ。12月が誕生月というhaderuとelsaをケーキと歌で祝う。そして、ダンスオンリー演奏なしの曲「傷心マキアート」を。その後、uzaiことダイノジ・大地が登場。6年越しの出演ということで、世界一のエアギターとの共演。ラストは、musume'sも登場して、最高潮に盛り上がり幕を閉じた。

2012年は対バンツアーが決定。これからも彼らが何を魅せてくれるか楽しみ。武道館まで付いていきたい。

Photo by 橋本塁

<霧薔薇ノ月夜>ツアーファイナル 2011年12月10日
1.AGAINST
2.jealize
3.殺気繚乱
4.閉塞
5.silhouette
6.Julia
7.嘆きのエンドレス
8.ト或コイ
9.恋する日曜日
10.虚無感狂想曲
11.super special summer(musume's)
12.snatch
13.killss
14.baker baker paradox
15.Sadistic Maria
16.ROLLING
17.堕落
18.WILL
19.虹の橋
En1.傷心マキアート(ダンス)
En2.D.D.D
En3.妄想アメリ
En4.Shell

<jealkb LIVE HOUSE TOUR 2012「異色薔薇ノ歌合戦」>
2012年3月3日(土) 新宿BLAZE
2012年3月17日(土) 福岡DRUM LOGOS
2012年4月5日(木) 神奈川サンフォニックスホール
2012年4月28日(土) 名古屋E.L.L
2012年4月30日(月・祝) 大阪AKASO
2012年5月3日(木・祝) 千葉LOOK
2012年5月12日(土) さいたまHEAVEN'S ROCK
2012年6月9日(土) SHIBUYA-AX

[寄稿] 伊藤 緑:http://www.midoriito.jp/

◆jealkbオフィシャルサイト