クランベリーズ、11年振りのニューアルバム・リリース

twitterツイート
クランベリーズが11年振りとなる6thアルバム『ローゼズ』をリリースする。

◆「トゥモロー」他試聴

U2、エンヤ等と並び北米で最も成功したアイリッシュ・グループと言われ、2012年でデビュー・アルバムのオリジナル発売から20年を迎えるクランベリーズは、1992年のアルバム・デビューから現在までに5枚のスタジオ・アルバムを発表している。1994年に発表した2nd『ノー・ニード・トゥ・アーギュー』はリリースから1年間で1,200万枚の売上に達し、全英2位、全米6位の他に25カ国のアルバム・チャートで1位を獲得。1996年の3作目『トゥ・ザ・フェイスフル・ディパーテッド』も全英2位、全米4位に輝き、累計アルバム・セールスは全世界で4500万枚を超える、まさに世界を代表するロックバンドのひとつ。

2004年には活動休止を発表するものの、2009年にライブ活動を再開し、そして本作『ローゼズ』が11年ぶりとなる待望の新作となる。『ローゼズ』は、大傑作といわれる1st、2nd、5thを手掛けた敏腕プロデューサー:スティーヴン・ストリート(ザ・スミス、ブラー、カイザー・チーフス)と再びタッグを組み、トロントとロンドンで制作を重ねた。往年のポップ~オルタナティヴなクランベリーズ・サウンドが大復活した会心の仕上がりになっているとのことで、プロディジー、レス・ザン・ジェイク、アンダーワールドを擁する「Cooking Vinyl」(アメリカのみ「Downtown」)からリリースされる。

すでにiTunesでは先行シングル「トゥモロー」を配信がスタートし、クランベリーズの復活に相応しいドロレスのボーカルと光るポップセンスを堪能することができる。

先行シングル「トゥモロー」
http://itunes.apple.com/jp/album/tomorrow-single/id487167223(iTunesで開きます)



◆クランベリーズ・オフィシャルサイト
◆BARKS洋楽チャンネル
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報