チャン・グンソク、夢の東京ドーム公演をクリスマスの夜にオンエア

ツイート
2011年、日本国内でも圧倒的な人気を誇ったチャン・グンソク。今秋、3都市5公演で展開されたアリーナ・ツアーは約6万人のチケットが発売と同時に即完売。その追加公演として11月26日に約4万5000人を動員して東京ドームで行われた<JANG KEUN SUK 2011 THE CRI SHOW IN TOKYO DOME THE BEGINNING>の模様をWOWOWで12月24日(土)夜8:00~放送することが決定した。

◆チャン・グンソク、夢の東京ドーム公演~拡大画像~

チャン・グンソクは韓国ドラマ「美男(イケメン)ですね」の主演で大ブレイクし、今年4月に発売した「Let me cry」がオリコン初登場首位を記録。CMにも多数出演し、今年は韓流の枠を超えて幅広い支持を獲得した。今回のドーム公演は自らを“アジアのプリンス”と語る彼が、ファンを“プリンスワールド”に招待するという演出で展開された。

大歓声の中、ブロンド・ヘア、宮廷風の衣装に身を包み、まさに“プリンス”としてステージに現れたグンソク。ファンが抱くイメージを惜しげもなく披露するサービス精神はこれにとどまらず、主演ドラマの挿入歌や日本・中華圏などでリリースした楽曲をトークや映像、趣向を凝らした仕掛けを交えたパフォーマンスで繰り広げていく。

バラードを甘く歌いあげ、黒のスーツでロックナンバー「Let me cry」をクールに熱唱。伸びやか且つ色気のある歌声でシンガーとしての実力を見せる一方で、友人のDJ Big Brotherとタッグを組んだクラブミュージックのユニット「Team H」ではアゲアゲなラップで会場を盛り上げていく。クレーンでの宙づりやバルーンで客席上を巡る派手な演出に加え、スペシャルな公演らしく「美男(イケメン)ですね」のヒロイン役を演じたパク・シネもスペシャル・ゲストとして登場。ドラマの名場面を彷彿させるデュエットに会場は興奮に包まれた。

「広いね! 僕の夢を実現させてくれてありがとう!」MCはすべて日本語で通し、自身の夢であった憧れの東京ドーム公演を実現できた喜びを、時に弾ける笑顔で、時に涙ぐみながら語ったグンソク。彼の“今”の魅力が凝縮された今回の公演は、チャン・グンソクの魅力が全て詰まったステージとなった。

WOWOWでは今回の東京ドームの模様に加え、この番組でしか見ることができないツアー密着映像などのオフショットやスペシャルインタビューも放送。クリスマスの夜にチャン・グンソクを独り占めできるスペシャルなひとときをWOWOWの番組でお楽しみいただきたい。

さらに、チャン・グンソクからの素敵なクリスマス・プレゼントもあり。サイン色紙付きグッズを含む、スペシャルグッズの応募方法は、番組の最後にプレゼント・キーワードと共に発表される。

「チャン・グンソク スペシャル THE CRI SHOW IN TOKYO DOME THE BEGINNING」
12月24日(土)夜8:00~ WOWOWで放送

◆番組サイト
◆チャン・グンソク ジャパン オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス