「城南海」のよみかたVol.7「四季の移り変わり てくてく秋冬散歩」

twitterツイート

師走に入り、外を歩くと、もみじやイチョウがきれいに色づいています。「せっかくだから、紅葉を見に行こう!」というわけで、今回は城さんが「初めて」という、いちょう並木で有名な明治神宮外苑に足を運びました。ちょっぴり雨が降ってきてしまいましたが、鮮やかな黄色がみごとです。そして、クリスマスの雰囲気に誘われるように、東京ミッドタウンへと移動。ツリーを眺めながら、城さんが「好きな季節」という12月の思い出、そして音楽についての最近感じていること、などを伺いました。

◆城南海 画像

自分の誕生日、クリスマス、年越し……12月は一番好きな季節

▲明治神宮外苑のいちょう並木。雨でも、多くの人が訪れていました。
――今日はまず、神宮外苑の銀杏並木で撮影をしました。城さんはいつの季節が好きですか?

城南海:冬の雰囲気に惹かれます。クリスマスのころが好きですね。自分の誕生日もお正月も、そのあたりにぎゅっとつまっているので。

――城さんのお誕生日は、クリスマスの翌日の12月26日ですね。でも日にちが近いと、誕生日だけ単独でお祝いしてもらうのは難しそう。

城南海:だいたいクリスマスと一緒にされます(笑)。サンタさんがいる、と思っていた時期は別でしたけれど。

――いつごろまで、サンタクロースはいると信じていましたか?

城南海:小学校6年生までいると思っていました。

――知っていたけれど、知らないふり?

城南海:本当にいると思っていました。ありえないプレゼントがあったりしたもので。例えば、朝起きたら、枕元にプレゼントのお財布が置かれていて、その中にマクドナルドで使えるドリンク券が入っていたんです。奄美大島にはマクドナルドがないんですよ。「奄美にないのに、なんでだろう?」と不思議でした。

――マクドナルドのドリンク券!それは不思議。

城南海:あと、奄美で手に入りにくいリカちゃん人形があって「それが欲しい」とクリスマスの前日玄関にサンタさん宛の手紙を置いたんです。そうしたら、手紙がなくなっていて、クリスマスの日の夜にピンポーンと玄関のチャイムが鳴って扉を開けたら、なぜかラジカセを持ったサンタさんがいて。「はい」ってプレゼントを渡され、それには私が書いた手紙が箱に貼ってあって、開けてみたらリカちゃん人形だったということもありました。まあ、あれは今思い返すと父だったのかな、とは思うんですけれど(笑)。他にも小学校3年生のときは、朝起きたら2階のベランダに大きな袋があって。開けたら1つのプレゼントではなくて、いろいろなおもちゃが入っていたこともあります。「お母さんでしょ?」と母に聞いたら「え? 知らない」と言われて。そういう不思議なプレゼントが続いていたので、「サンタクロースはいる」と信じていたんです。

▲東京ミッドタウンでは、赤く色づいたもみじを発見。
▲東京ミッドタウン内のサンタツリーの前でパシャリ。約1800体のサンタクロースを積み上げているそうです。
――印象的な思い出ばかりですね。そういえば、奄美のクリスマスはどんな感じですか?

城南海:東京のように華やかなイルミネーションはないけれど、ツリーを飾ったり、家族で料理を食べたり、といったクリスマスの雰囲気は変わらないですね。でも奄美大島は、島内に教会が多いんです。カトリック教徒の方が多くて有名なのは長崎ですけれど…奄美も多いんですよ。

――そうだったのですね。

城南海:苦難の歴史があるから、心のよりどころだったのでしょうね。

――ちなみに、秋冬に歌ってみたい曲はありますか?

城南海:歌う時期は限定されるけれど、やっぱりクリスマスらしいを歌ってみたいですね。たとえばBoAさんの「メリクリ」のような。実は昨年「きよしこの夜」をグインヴァージョンで歌ったのですが、意外な感じに仕上がったんです。たぶんシマ唄って夏の感じが多いと思うんですけれど、実際にグインを入れて歌ってみて、合うなあと思いました。


奄美の言葉と標準語を融合させて、音を楽しむ曲にもチャレンジしたいです

――今、シマ唄のお話が出てきましたが、シマ唄に出てくる奄美の言葉(島口)を聞くと、意味は分からなくても、その優しい響きがとても心地よく感じます。

城南海:以前、奄美は昔の日本の言葉が残っているとお話しましたが、方言の中で7割は平家の言葉のようです。平家の人が奄美に来たときに、その言葉を残していったので、シマ唄も古(いにしえ)の高貴な言葉なんですよね。だからシマ唄の言葉は、美しいなと感じるんじゃないかと思います。

――奄美の言葉で詞を書いてみよう、と思うことはありますか?

城南海:私の3枚目のシングル「白い月」の間奏のところに奄美の言葉が入っていますが、曲をいただいた時点では、詞は入っていなかったんです。「ここに奄美の言葉を入れたい」と思ったのですが、自分の知識だけでは限界があるので、父にも相談して一緒に考え、いろいろな言葉の案を出しました。そして最初は「これ」とは決めないで、口ずさみながらレコーディングをしていったのが、間奏部分なんです。

――いろいろな言葉を持っていると、表現の幅がより広がりますね。「この感情を伝えたいとき、標準語よりも、奄美の言葉の方が伝わる」とか。

城南海:そうですね。ただ、その一方で、普段は歌い手として歌の内容を伝えることを重視していますが、シマの言葉をいっぱい入れて、あえて意味は分からないように歌うのもおもしろいんじゃないか、と最近は考えているんですよ。

――歌詞カードを見て、初めて意味を知る形ですね。

城南海:そうですね。意味の前に、まず音の響きそのものを楽しんでもらえるような。

――もともと、城さんは音楽を聴くとき、詞とメロディのどちらに重点を置いていたのでしょうか?

▲散策のあとは、カフェでほっと一息。
城南海:ピアノを学んでいたので、歌手になる前は、歌詞の内容よりも聴いた感じを重視していました。シマ唄は詞の意味を調べていたんですけれど、ポップスではそれほど気にかけていなかったんです。でも、歌い手の立場になったら、変わっていかないといけない。歌詞に込められている想いを表現して聞き手の心に届けるのが歌手だと思うので。そこから「詞の意味を理解することは大事」と感じて歌うようになりました。

――メロディと詞。両方大切ですけれど、どちらに比重を置くのかは、そのときどきによって変わるのですね。

城南海:メロディだけの意識から、詞を大切にする今の場所へ来て。その後、またメロディ重視の曲をやるとなると、今までの場所に「戻る」のではなく、新しいなにかが見えてくるのではないかと思っています。

人の心に届く歌を歌うためには、まず届けたい「想い」が大切

――武部聡志さんにインタビューをさせていただいた際、「城さんだったら、Aメロの8小節が10回繰り返されておしまい、といった曲でもいいかもしれない。今のJ-POPのフォーマットに乗らない音楽を目指していってほしい」と仰っていたのが心に残ったんです。

城南海:そういえば、私のデビュー曲の「アイツムギ」は1回Bメロが入っているだけで、あとは全部Aメロなんです。

――言われてみれば!4枚目シングルの「ルナ・レガーロ~月からの贈り物~」のように声を張るところはないですけれど、その分、人に聴かせることが難しそうです。

城南海:「ルナ・レガーロ」は、私の出せる声を全部入れて作っていただいた曲なので。武部さんに「ここ、出るよね?」って言われながら。結構スパルタでした(笑)。

――武部さんは『兆し』について、「うまさとかではなく、もっと彼女の内面的なもの、気持ちが伝わればいいな、と思った」と仰っていました。

城南海:私も今までの経験の中で、歌のうまさよりも、ニュアンスや感情が表れている方が人の心を打つ、と思います。私は、わりとまじめな性格だから(笑)、うまく唄おうとしてしまいがちですが、音程が合っていなくても、声がうわずっていても、そこに感情があったらかならず聴いてくださる方の心に響くし、そちらの方が大切。だから今後の課題としては、上手に歌うことより、いかに想いをのせていくか、だと思っています。自分では「うまく歌えた」と思っても、録音したものを聴き直すと、全然心に響かなかったりするんですよ。うまく歌うという、今まで大切にしてきたことはもちろん、今まで以上に想いを込める事をもっといろいろ試みたいです。

――テクニックは大切だけれど、想いの方が勝る、と。

城南海:最初に受けたオーディションで『童神』を歌ったんですけれど、全然思ったように歌えなかった。シマ唄以外の歌の経験もほとんどないし、絶対受からないと思ったんです。でも幸運なことに合格することができて。小さいころからスクールに通っていたり、すでにキャリアのある方たちがたくさんいる中で、「どうして自分が受かったんだろう?」と不思議だったんです。そのとき、上手なことも重要だけれど、それ以外に大切なものがあるんだと感じました。

――城さんの歌を聴くと、何のフィルターもかからず、まっすぐに送られてくる気がするんです。

城南海:おそらく、想いが先にあるからではないでしょうか。シマ唄との出会いもそうで、お兄ちゃんがやっているシマ唄を聴いて「好きだな」と思ったのがきっかけでした。「この素敵なシマ唄をみんなに聴いてもらいたいな」と思って唄い始めて、後から歌詞も唄い方も覚えたので。まず、「伝えたい」という想いから始まっているんですよね。

――唄(歌)を始めたきっかけが、今、大切にしている「想いを届ける」ことだったのですね。

城南海:はい。レコーディングでも、ピッチが合っていなくても、感情が出ている、というテイクがあえて選ばれることもあるんです。私としては「うまく歌った方を使ってください」と思うんだけれど(笑)、後で聴いたら、「あ、こっちの方がいいな」と納得することが多いんです。とくに、ライヴはそういうことが盛りだくさんあります。

――ライヴでは、ライブでは、直接、その瞬間瞬間の想いが込められた城さんの音に出会えますから、それがとてもワクワクするんですよね。次回のライヴも楽しみにしています。

◆城南海オフィシャルサイト
◆城南海オフィシャルブログ
◆城南海YouTube公式チャンネル
◆【連載】「城南海」のよみかたチャンネル
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

amazon
amazon

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス