SMAP、斉藤和義が手がけた話題の新曲がチャート制覇

twitterツイート

SMAPの46thシングル「僕の半分」がシングルセールス、エアプレイともに1位をマークし、JAPAN HOT 100で堂々の首位を獲得した。

前作「This is love」以来、1年4ヶ月ぶりのシングルCD発売となった本楽曲「僕の半分」は、斉藤和義が手がけた一途な男の切ない気持ちを歌った失恋ラブバラード。東京ドームで11月に行われた「祝20周年! SMAP FaN×FuN PARTY 2011」のアンコールで初お披露目され、12月21日にリリースとなった。「通常盤」「初回限定盤」の2タイプが用意され、初回限定盤にはその際の映像が収録されたDVDが付属されている。

デビュー20周年を迎えた2011年『NHK紅白歌合戦』でも去年に引き続き大トリを務めることが決まっており、年末の締めくくりにふさわしい結果となった。

◆ニュース提供:ビルボード
◆BARKSビルボード・デイリーニュース・チャンネル
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報